サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マーク・ウェーバーとレッドブル、その関係の”終焉”が始まった日:2010年トルコGP

ここから本文です

 マーク・ウェーバーは2013年限りで、2002年に始まったF1キャリアにピリオドを打った。この間、9勝を挙げたものの、ついにタイトル獲得には届かなかった。

 一方で2010~2013年にかけて、チームメイトだったセバスチャン・ベッテルは4年連続でドライバーズタイトルを獲得。ウェーバーからすれば、差をつけられた格好だ。

■ウェーバーが自叙伝で激白。ベッテルとの決定的な亀裂を生んだ“マルチ21事件”

 ベッテルは確かに、2011~2013年に関しては楽にウェーバーを倒したかに見えた。しかし、2010年シーズンははるかに接近した戦いであり、最終戦アブダビGPを迎えた際は、ウェーバーの方がランキング上では上位にいた。

おすすめのニュース

サイトトップへ