サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > iQ・bBなんてどうですか!!? クラウンクルーガー登場で考える「クラウン+絶版車」12選

ここから本文です

iQ・bBなんてどうですか!!? クラウンクルーガー登場で考える「クラウン+絶版車」12選

 上海モーターショー2021で、SUVのクラウンクルーガー、ミニバンのクラウンヴェルファイアが発表され、日本人を驚かせてくれた。

 でもなぜ中国でクラウンなのか? 実はクラウンは1960年代から中国に輸出され、彼の地での絶大なるブランドイメージを確立していた。

GT-R、タイプRはどうなる!? 純ガソリンスポーツカーは生き残れないのか?

“していた”と過去形なのは、ここ数年はその名声も薄れ、単なる「オヤジグルマ」と認識されているらしいからなのだが、そこで一汽トヨタは、「クラウンブランド」の復権のためにクラウンクルーガーを出展したのだという。

 目論見通り(?)、クラウンクルーガーについては、中国でも話題になっているようだ。

 そこで本企画では、「クラウンブランド」のさらなる発展のため、「クラウン+絶版車名」のクルマについて提案。

 その提案モデルについて、自動車評論家 渡辺陽一郎氏がその実現度、そして売れるかどうかについて考察していく。

※本稿は2021年5月のものです
文/ベストカー編集部 実現度チェック/渡辺陽一郎 写真/TOYOTA、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年6月26日号

【画像ギャラリー】ひょっとすれば夢の組み合わせ!!? 「旧車×クラウン」を写真で見る!!!

■クラウン×小さな高級車&プレミアムハッチ!?

■「小さな高級車」クラウンプログレ

●ベストカーの提案…小さい点が中国人にはウケなさそうですが、そこを逆手にとって「1人乗り用では最大級クラスの高級車」として売り出します。1人に1台売りつければウハウハですぜ!(予想実現度:★★★★★)

●陽一郎チェック…プログレは上級セダンの衰退が加速した’98年に、従来とは逆の「大人しくて小さく見える」外観で登場した。「こんなセダンはいかが?」という実験的な商品だ。個人的には好きだったが販売面ではコケた。結局はブレビスという派手顔の姉妹車を加えている。中国でも難しいでしょうなぁ。(予想実現度:★★☆☆☆)

トヨタ プログレ

■「プレミアムHB」クラウンブレイド

●ベストカーの提案…クラウンブレイド、名前だけですでに売れそうだが、内外装を華美にするのはもちろん、3.5L、V6のマスターが、中国の伊達オトコのココロを鷲掴みにします。(★★★★★)

●陽一郎チェック…大排気量ハッチバックは、街乗りから高速道路まで便利に使えて合理的だが、価格のわりにインパクトが弱くて見栄も張れない。そういう意味では大径タイヤを履かせて流行りのSUV風にアレンジしたい。これなら派手さと高級感に加えて、低重心によるスポーティな走りも訴求できます。(予想実現度:★★★☆☆)

トヨタ ブレイド

■ソアラ&オーパのクラウンとの相性は?

■「ラグジュアリークーペ」クラウンソアラ

●ベストカーの提案…木目素材をふんだんに使った流行最先端の最高級クーペは、“大人”を強調すれば中国市場は制圧可能です。3000万円超の値付けで、富裕層の虚栄心をくすぐります!!(予想実現度:★★★★★)

●陽一郎チェック…今のトヨタは、中国まで含めて、クーペだと何でもGRにするからねぇ。全部ドリフトしちゃうみたいな。かつてのソアラとか、クラウン2ドアハードトップのように落ち着いた雰囲気のクーペを、果たして今のトヨタが作る気持ちを持てるかどうか。売れる売れない以前の問題です。(予想実現度:★☆☆☆☆)

トヨタ ソアラ

■「謎HB」クラウンオーパ

●ベストカーの提案…オーパ=ポルトガル語ということで、クリスティアーノ・ロナウドをCMキャラクターに起用すれば絶対に売れます。なぜなら中国人はクリロナ大好きだから。(予想実現度:★★★★☆)

●陽一郎チェック…車内は広いが、後席は畳むことを重視したから座り心地が悪い。畳むと荷室面積は広がるが、全高は立体駐車場を使いやすい1525mmだから背の高い荷物は積めない。だから不人気だった。外観はSUVに発展させると映えるが、顔立ちの存在感は乏しい。そもそもクラウンのイメージではないよね。(予想実現度:★★☆☆☆)

トヨタ オーパ

■あのちょい悪プチバン&プレミアムコンパクトもクラウン化に最適!?

■「チョイ悪プチバン」クラウンbB

●ベストカーの提案…本来のコンセプト「クルマ型ミュージックプレーヤー」感を大幅に強化し、シャオミとコラボし、もうクルマではなく動くオーディオルームとして売り出します。売れます。(予想実現度:★★☆☆☆)

●陽一郎チェック…写真の2代目bBは、初代よりも後席の居住性が下がり視界も悪かった。売れずに廃止されたが、改めて眺めるとアルファード&ヴェルファイアのイメージもある。クラウンのエンブレムも似合いそう。ホイールベースをググーンと伸ばして、リムジンチックにすると受けそうです。(予想実現度:★★★★☆)

トヨタ bB

■「プレミアム超コンパクト」クラウンiQ

●ベストカーの提案…忙しい中国人向けに極上のシートを開発、環境性能を極限まで高めたPHVにすれば黙ってても売れるハズ。取り回し性の高さに、せっかちな中国人もメロメロよ~。(予想実現度:★★★★★)

●陽一郎チェック…日本には割安な軽自動車が多く、iQは全長は短くても全幅がワイドで価格は割高だ。だから売れずに終わった。しかし欧州を意識したからシートは上質で乗り心地もいい。クラウンのセカンドカーとして使える電気自動車にする方法はある。あと、どうせやるんだったら突き抜けた感じまで高級感を高めて、アストンのシグネット風に作りたい!!(予想実現度:★★★★☆)

編集部作成による「クラウンiQ」

■クロスオーバーSUV&ミニバンなら!??

■「クロスオーバーSUV」クラウンヴォルツ

●ベストカーの提案…そろそろ中国人もSUVに飽きる頃では? 次なるターゲットはアイポイントが高く、利便性に優れたステーションワゴンのクロスオーバーカーで決まり。これが新トレンドね!!(予想実現度:★★★★☆)

●陽一郎チェック…トヨタとGMが共同開発したクルマで、日本では2002年に登場したが、当時は時期尚早で売れずに終わった。しかし今のトレンドには沿っている。C-HRはヴォルツに比べてデザイン性を強めたが、狙いどころは近い。ただし好調に売るなら、もう少し新鮮な魅力が必要でしょうね。(予想実現度:★★★☆☆)

トヨタ ヴォルツ

■「2Lクラスミニバン」クラウンエスクァイア

●ベストカーの提案…レクサスLMでは、流石の超大国中国であっても高すぎる。そこで、少しお手頃なエスクァイアの出番。縦のラインのフロントグリル一本一本にLEDを仕込めば売れる!!(予想実現度:★★★★★)

●陽一郎チェック…ボディが小さくインパクトも乏しい。ご指摘のとおり顔立ちをもっと派手にしたいね。車内も豪華絢爛を強め、アルファードのエグゼクティブ・ラウンジシートみたいなのを装着する。LMと同様、前後席の間にはパーテーションも付けてビックリさせたい。(予想実現度:★★★☆☆)

トヨタ エスクァイア

■「乗用ミニバン」クラウンイプサム

●ベストカーの提案…中国人にも数%、スライドドア恐怖症の人がいるハズ。そこに、スライドドアではないミニバンの投入です。数%でも取りこぼさない姿勢こそ、トヨタイズムだと思います。(予想実現度:★★★★☆)

●陽一郎チェック…スライドドアのないミニバン、という時点で終わってる。ボディも小さいし。もともとイプサムはミニバンの初期に登場したから、ボディを小さく、なじみやすく見せようとした。でもオデッセイにつられて3ナンバー車になって失敗。どうもなりません。(予想実現度:★☆☆☆☆)

トヨタ イプサム

【画像ギャラリー】ひょっとすれば夢の組み合わせ!!? 「旧車×クラウン」を写真で見る!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します