サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 0024ワークスZ900RS(カワサキZ900RS)セパハン&集合マフラーのネイキッド王道スタイル【Heritage&Legends】

ここから本文です

0024ワークスZ900RS(カワサキZ900RS)セパハン&集合マフラーのネイキッド王道スタイル【Heritage&Legends】

ホイールから手を付けボディカラーも変更する
赤ベースのタイガーパターンペイントボディから、かつてのZ1Bを思い浮かべて作業にかかったのだろうか……と思う、0024ワークスのZ900RSカスタム。

「じつはこの車両、ホイール色変更が先だったんです」と0024ワークス・大西さんは説明する。いったいどういうことだろう?

【原付二種のカブを比較】乗り味・燃費・装備・価格を比べてみた!

「きっかけは、オーナーさんがホイールを換えようと思ったことです。それでリーズナブルで格好いいのを選ぼう……と考えていきましたが、“純正を塗装する”という案が出て、そちらにしたんです。純正ホイールのシルバーの部分(リムサイドやスポークサイド)をキャンディレッドにしまして、そこからボディ側も赤に、じゃあタイガーパターンで……と進んでいったんですよ」と、意外な進め方を採ったことが分かった。

これに、他の0024ワークスZ900RSでも多くが使っているようにセパレートハンドルを組み合わせ、この車両でも、すっきりとよく走りそうなスタイルを獲得。同店では多くのZ900RSオーナーがいるとのことだが、この車両のようなカスタム化の提案や実際の作り分けができるのならば、それぞれに満足がいくのも納得というところだ。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明
メーターはパネルを変更、ハンドルはハリケーン製のセパレート。フロントサスが入って曲がりやすくなる、ライディングポジションが良くなってお尻が痛くなりにくい...以外に、リーズナブルにカスタムが楽しめるメリットもある。0024Works製トップブリッジカバーも装着されている。

フロントマスターシリンダーはノーマルで、レバーを変更。dominaグリップやデイトナ・プレミアムゾーンバーエンド等も赤×黒でカラーを揃えてある。

シートはZ900RSノーマル。テールカウルは延長タイプに換装してZ1Bを彷彿させる赤タイガーカラーとのマッチングを高めているのだ。

948ccの直列4気筒エンジンや鋼管トレリスタイプのフレームもノーマルで、燃料タンク/サイドカバーはノーマルパーツに塗装が施される。ステップはOVER製。

アップタイプの排気系はアメリカンドリームNeoショートType Quenching。フルチタンで焼け色加工され、レーザーロゴも入っているもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します