サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル育成のビップス、F1フランスGPでシミュレーター作業を担当。リザーブのアルボンはDTM開幕戦へ

ここから本文です
 レッドブルの育成ドライバーであり、FIA-F2にハイテックから参戦しているユーリ・ビップスは、F1第7戦フランスGPの週末の間レッドブルのシミュレーター作業を担当する予定だ。リザーブドライバーであるアレクサンダー・アルボンが、イタリアで開幕するDTMドイツツーリングカー選手権に参戦するためだ。

 レースの週末の間、レッドブルはリザーブドライバーにシミュレーター作業を依頼している。これはチームのセットアップの問題に取り組んだり、具体的な設定のテストをサポートしてもらうためだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン