サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1放送の有料化に批判集まるも「深く内容を掘り下げ、中継の質を向上させている」と正当性を主張

ここから本文です

 レース中継においてF1がファンや視聴者に費用負担を強いる有料テレビへの移行を進めて批判を浴びるなか、F1メディア権利担当ディレクターのイアン・ホルムズがこの取り組みの正当性に言及した。

 F1の累計視聴者数は、2019年に過去最高の19億2200万人を記録した。だが一方で、全世界の『ユニーク視聴者数』、すなわち同じ視聴者の重複を避けて計算した場合は、4億9000万人だった2018年と比べて3.9%、数にして1920万人の減少となった。

2019年のF1視聴者数は約19億人。eスポーツ、ドキュメンタリーの配信なども増加の要因に

 このユニーク視聴者数がわずかに減った主な原因は、世界的に広がっている有料テレビへの移行だと見なされている。

おすすめのニュース

サイトトップへ