サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2030年には4台に1台がEVになる! EVもPHEVもHVもひとつのアーキテクチャーから生み出すマツダの次世代テクノロジー発表

ここから本文です

 マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャーを確立させる

 マツダが、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表した。

MX-30・UX・アリア! 新規導入のEVが「SUVばかり」な「合理的」理由とは

 すでに、2030年時点での生産における電動化比率を100%にすること(そのうち純EV比率は25%を想定)を発表しているが、今回の発表は2050年カーボンニュートラルに向けたSKYACTIVテクノロジーの進捗と方向性を示すものといえる。

 その特徴を一言でいえば、多様な用途に対応できる基礎技術の確立をテーマとしていることだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ