サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > オコン「ミックとアントニオに挟まれ、どうすることもできなかった」:アルピーヌ F1第9戦決勝

ここから本文です

 2021年F1第9戦オーストリアGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのエステバン・オコンはオープニングラップでのアクシデントによりリタイアでレースを終えた。

 17番手からミディアムタイヤを履いてスタートしたオコンは、1周目にターン3の出口でミック・シューマッハー(ハース)とアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)に挟まれた。この時オコンはジョビナッツィと接触して右フロントサスペンションにダメージを負い、リタイアとなった。

アロンソ、ラッセルとのバトルを制して10位「他の誰かならよかったのに、と悲しくなった」アルピーヌ/F1第9戦

■アルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=リタイア
 残念なことに、僕のレースは早々と終わってしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ