サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスのハミルトン&ボッタス「ミディアムタイヤでのスタートにメリットなし」予選Q2の戦略を説明

ここから本文です
 メルセデスのドライバーであるルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、F1スペインGPの予選Q2をソフトタイヤを履いて通過した。これにより、このソフトタイヤを履いて、決勝レースをスタートすることになった。この理由についてふたりは、ミディアムタイヤでスタートするメリットはないと説明した。

 メルセデス勢は、予選Q2でミディアムタイヤを使い、このミディアムタイヤでスタートすることを狙うことが多い(予選Q3に進出したドライバーは、予選Q2最速タイムを計測した時のタイヤで決勝をスタートすることが義務付けられている)。

おすすめのニュース

サイトトップへ