サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デンソーとヤマト運輸、ドライアイスやエンジン動力不要の小型冷凍機を開発

ここから本文です
 デンソーとヤマト運輸は25日、冷凍・冷蔵輸送用の小型冷凍機「D-mobico(ディー・モビコ)」を開発したと発表した。ドライアイスや輸送車両のエンジンを使わないため、二酸化炭素(CO2)の排出削減につながる。ヤマト運輸は2月から配送車への搭載を開始。デンソーは子会社を通じて今夏から売り出す予定だ。

 冷凍機は庫内をマイナス20度まで冷やすことができ、電池の場合は約8時間作動する。AC100ボルト/車載電源(DC24ボルト)でも使用可能だ。重さは約5kgで、軽商用車でも荷室を犠牲にせず搭載できる。

おすすめのニュース

サイトトップへ