サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール「速いマシンに乗りながらポールを逃した。ミスをした自分にがっかり」:フェラーリ F1ブラジルGP

ここから本文です

 2019年F1ブラジルGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4番手だった。Q1では1分08秒496、Q2では1分07秒888、Q3では1分07秒728をマーク。決勝はミディアムタイヤでスタートする。

 ルクレールは今回、シーズン4基目のICE(エンジン)を使用したため、10グリッド降格ペナルティを科された。土曜に発表された暫定グリッドで、ルクレールには14番グリッドが与えられている。

“3度目”のポールを喜ぶフェルスタッペン「レッドブルとホンダ両方の進歩によって実現。これからもっと獲りたい」

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 予選=4番手
 最高の予選だったとは言えない。