サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCで勝つための”武器”。トヨタ、GRヤリスを東京オートサロンで世界初公開

ここから本文です

WRCで勝つための”武器”。トヨタ、GRヤリスを東京オートサロンで世界初公開

WRCで勝つための”武器”。トヨタ、GRヤリスを東京オートサロンで世界初公開

 トヨタは、1月10日(金)に幕張メッセで開幕した『東京オートサロン2020に』おいて、”GRヤリス”を世界初公開した。

 2017年に世界ラリー選手権(WRC)に復帰したトヨタは、2018年にマニュファクチャラーズタイトルを獲得。2019年にはオット・タナクがドライバーズチャンピオンに輝くなど、多くの成功を収めてきた。

■WRCのハイブリッド化で参入メーカーは増える? 詳細決定は2020年に持ち越し

 WRCで得られた学びが惜しみなく投入され、WRCを勝ち抜くために生まれたホモロゲーションモデルであるGRヤリスは、新開発の1.6リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。その出力は272PSに達する。

 駆動方式は、新たに開発された”GR-FOUR”と呼ばれるスポーツ4WDシステム。セリカGT-FOUR以来、20年ぶりとなった4WDスポーツ車の開発には試行錯誤が続けられたという。ボディもベースのヤリスとは異なり専用開発の3ドアで、ルーフがカーボン製、エンジンフードやドアパネルはアルミ素材で作られた。

『GR Factory』と呼ばれるコンベアレスのファクトリーを新設し、GRスポーツカーを専用ラインで生産性を落とすことなく対応できるようになったとしている。

 発表会に登壇したGAZOO Racing Companyの友山茂樹プレジデントは、「従来のトヨタ車では考えられない、スーパーホットハッチとなりました。まだ、マスタードライバーであるモリゾウからは合格点をもらっていません。発売ギリギリまでたゆまない改善が続けられています」とコメントした。

 そのモリゾウこと、トヨタの豊田章男社長はビデオメッセージに登場し、「トヨタのスポーツカーを取り戻したい。ずっとそう思ってきました」と語った。

「このGRヤリスは、世界で勝つためにトヨタがいちから作ってきたスポーツカーです。市販車をレースに使えるように改造するのではなく、レースに勝つためにお客様に乗っていただく車をどうするべきかという、逆転の発想で作り出した車です」

 また、豊田社長は発表会にもサプライズ登壇。友山プレジデントと共にフォトセッションに参加した。

 なお先行予約限定モデルとなる、特別仕様車 RZ“First Edition”のWEB予約は本日からスタートするという。RZ“First Edition”は3,960,000円(税込)、RZ“High-performance・First Edition”は4,560,000円(税込)と発表されている。

 TOYOTA GAZOO Racingブース(東ホール812)ではGRヤリスに加え、2020年参戦モデルのヤリスWRCやGRスープラのスーパーGT参戦車両、GT4車両、2019年のル・マン24時間レースで総合優勝したTS050 HYBRIDなどのレーシングカーが展示される他、WRC参戦体制発表会や数多くのトークショーが予定されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します