サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドッカンターボで走らせるのも至難の業! 昭和を代表するFFコンパクトカー6選

ここから本文です
シャーシ性能よりパワーを追究した1980年代

 国産車のハイパワー戦争が勃発した1980年代、若者をターゲットとした前輪駆動の2BOXカーにターボ化の波が押し寄せた。とは言うものの、現在に比べたら制御技術は未成熟。パワー優先、シャーシ性能が追い付かないまま、いきなり過給が効き始めてパワーが出る「ドッカンターボ」が相次いで登場した。アクセルを開くとトルクステア(ハンドルが動く)で真っ直ぐ走るのもままならぬほどじゃじゃ馬。その中でも印象的だったドッカンターボなコンパクトモデル6台をピックアップした。

おすすめのニュース

サイトトップへ