サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “中団最速のマクラーレン”は幻想? ノリス「予選が速いからそう見えているだけ」

ここから本文です

 マクラーレンは今季、第19戦アメリカGP終了時点でコンストラクターズランキングで4番手となっており、2レースを残して5番手のルノーに38ポイント差をつけている。そういった点から、マクラーレンが2019年の中団勢の中でベストチームであるといっても過言でない。

 しかしながらドライバーのランド・ノリスは、チームがこれまで予選では速さを見せているものの、マシンが“基本的な”問題を抱えていることから、決勝ではドライブに苦労しているという。

■マクラーレンはまだ“中団最強チーム”ではない? 「レースペースが課題」とノリス

「新しいタイヤはそれ(問題)を少し隠し、予選で必要なものを与えてくれるんだ」とノリスは語った。