サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今の福祉車両は「障がい者向け」だけではない! 「高齢者」目線がクルマを進化させる

ここから本文です

高齢化社会を反映した装備が充実

 近年の福祉車両は、ひと昔前と比べてかなり進化してきた。特に、障がい者だけでなく、高齢者にも考慮して乗り降りをより楽にするなど、さらなる装備の充実が図られている。ここでは、そういった最近の福祉車両の進化について考察する。

福祉車両ってどんなクルマ? タイプ別の種類や目的、非課税にならないケースも

軽自動車の福祉車両も増加

 福祉車両は、これまでは障がいを持つ人のためのクルマとの印象が強かった。しかし近年は、高齢化社会を反映し、必ずしも身体に障がいがなくても、体の動きに制約を受けるようになる高齢者が快適に乗降し、移動できる視点が加わっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ