サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 4台のタイヤが決勝中にパンク。ピレリF1、ロングスティントによる摩耗と縁石への衝突が原因と推測。本拠で詳細な調査へ

ここから本文です
 F1第20戦カタールGP決勝で、タイヤのトラブルが相次いだ。タイヤサプライヤーであるピレリのF1およびカーレーシング責任者マリオ・イゾラは、初期の見解として、1回ストップを狙って長いスティントを走ったことによる摩耗と縁石にヒットしたことへの衝撃の組み合わせが、タイヤのトラブルにつながったとの推測を示した。

 バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)の左フロントタイヤがパンク、ボッタスとラティフィは後にリタイアした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ