サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【なぜ鎮静化?】ブラバス/ロリンザー/カールソン 90年代末ブーム「ド派手メルセデス」の顛末

ここから本文です

懐かしい 「ド派手メルセデス」に沸いた日々

text:Kenji Momota(桃田健史)

【画像】バブリーなカスタム・メルセデス vs 現代の「特別なクルマ」【ディテール】 全94枚

ブラバス、ロリンザー、カールソン。

ひと呼んで、「メルセデスチューニング御三家」

いま(2020年)から20年ほど前、世界各地でメルセデス・ベンツのチューニングやドレスアップが爆発的ブームとなった。

東京ならば六本木、赤坂、麻布あたり、大阪ならば新地あたり、福岡ならば天神あたりで、ド派手なメルセデスたちの闊歩していたことを、思い出す方も多いのではないだろうか。

こうしたメルセデスたちは、いわゆる「アフター系」だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ