サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーF1「エンジンパフォーマンスではすでにメルセデスを上回った」

ここから本文です

 ルノーF1のエンジン担当テクニカルディレクター、レミ・タファンは、2019年の時点でルノーは、エンジンパフォーマンスの面で、フェラーリより劣るものの、メルセデスをわずかながら上回ったと主張した。

 ルノーはトップ3チームであるメルセデス、フェラーリ、レッドブルと上位争いをすることを目指しているが、2019年には思うような成績を残せず、パワーユニット(PU/エンジン)を提供しているマクラーレンに大敗、コンストラクターズ選手権5位にとどまった。

新体制で挽回目指すルノーF1、2020年“シーズンオープニングイベント”の日程を発表

 しかしルノーはエンジンの進歩という点には自信を示している。

おすすめのニュース

サイトトップへ