現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ドイツではクルマを購入したら自分で登録をするのが常識!? 納車までの流れは?

ここから本文です
ドイツではクルマを購入したら自分で登録をするのが常識!? 納車までの流れは?
写真を全て見る(8枚)

運営元:外車王SOKEN
著者 :高岡 ケン

ドイツ在住の日本人から見た「日本に導入すればいいのに!」と思うクルマ:オペル編

ドイツでクルマを購入する場合は、日本と違い、購入者自身が登録を行うのが一般的だ。



日本との違いは?今回は、ドイツでクルマを購入する場合の登録までの流れを解説していく。



■1.まずはクルマ選び

現在、ドイツでもっとも掲載台数が多い中古車サイトは「mobile.de」だ。



総掲載台数は128万台を超え、ドイツ車をはじめ、日本車やイタリア車などあらゆる車種を検索することができる。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

夢の「2.0Lエンジン」搭載!? マツダ新型「MX-5」に反響多数 流線形パワーアップの「コンパクトスポーツカー」加で発売待ちきれない!
夢の「2.0Lエンジン」搭載!? マツダ新型「MX-5」に反響多数 流線形パワーアップの「コンパクトスポーツカー」加で発売待ちきれない!
くるまのニュース
約444万円から! スズキ新型「ジムニー5ドア」発売! MTもある待望の「新型コンパクトSUV」! 販売地域がインドネシアにも拡大
約444万円から! スズキ新型「ジムニー5ドア」発売! MTもある待望の「新型コンパクトSUV」! 販売地域がインドネシアにも拡大
くるまのニュース
ホンダ「ADV160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ADV160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
逮捕されちゃう!? 前科がついちゃう!? 道交法違反をナメるとマジでヤバい!!!
逮捕されちゃう!? 前科がついちゃう!? 道交法違反をナメるとマジでヤバい!!!
ベストカーWeb
人気殺到間違いなし! カローラクロスサイズのランクル爆誕!! ランドクルーザーFJは400万円切りで登場か?
人気殺到間違いなし! カローラクロスサイズのランクル爆誕!! ランドクルーザーFJは400万円切りで登場か?
ベストカーWeb
アルファードよりシエンタ!? 大穴はカローラクロス!? シルビアなき現代版デートカーが衝撃の顔ぶれ
アルファードよりシエンタ!? 大穴はカローラクロス!? シルビアなき現代版デートカーが衝撃の顔ぶれ
ベストカーWeb
全国の高速道路チェックOK!渋滞の増減傾向を予測する新機能 ナビタイム
全国の高速道路チェックOK!渋滞の増減傾向を予測する新機能 ナビタイム
グーネット
トヨタ ランドクルーザーなど3車種3万台強をリコール トランスミッション等に不具合
トヨタ ランドクルーザーなど3車種3万台強をリコール トランスミッション等に不具合
グーネット
今年もやっぱりレッドブルは“別次元”? フェルスタッペンが2番手以下に1秒差で最速|F1バーレーンテスト初日午後
今年もやっぱりレッドブルは“別次元”? フェルスタッペンが2番手以下に1秒差で最速|F1バーレーンテスト初日午後
motorsport.com 日本版
スキャンダル発覚にフェルスタッペン家が関与? ホーナーの不適切行為を報じた人物は近しい存在
スキャンダル発覚にフェルスタッペン家が関与? ホーナーの不適切行為を報じた人物は近しい存在
AUTOSPORT web
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
グーネット
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
ベストカーWeb
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
ベストカーWeb
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
AUTOSPORT web
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
AUTOSPORT web
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
グーネット
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
グーネット
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • dar********
    欧米の自動車登録制度に比べて日本の自動車登録制度は複雑で手間がかかると言われている。昔の日本では自動車が非常に高価で、家や土地などの不動産と同じような「資産」と考えられていたので手続きも不動産並みに面倒な物になった。欧米のメーカーが日本の自動車市場に進出するに当たって日本の様々な制度を「非関税障壁だ」と言って改善を求めたが登録制度については何も言わなかった。それは日本の登録制度があまりに複雑で手間がかかるので販売店が手数料をもらって代行するケースが多く、その手数料が販売店の大きな収入源の一つになっているからである。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村