サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 話題のフルサイズSUV「BMW X7」を徹底チェック!【ル・ボラン編集部員の取材メモ】

ここから本文です

話題のフルサイズSUV「BMW X7」を徹底チェック!【ル・ボラン編集部員の取材メモ】

デカイデカイと言っても……。

さてさて、2019年6月下旬に発表され8月から順次納車とのことだった、BMW初のフルサイズSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル=SUVと同義)の「X7(エックスセブン)」にメディア取材用のデモカーが用意されました。もちろん、ル・ボラン1月号(2019年11月26日発売)では、モータージャーナリストの萩原秀輝(はぎはらひでき)氏による躍動感溢れる試乗記を掲載するわけですが、その試乗と撮影現場に立ち会った編集部員がこのX7を細々とチェックしてみました。

ル・ボラン12月号、10月26日発売!!

借り出した「X7 xDrive35d Design Pure Excellence」は、ディーゼルターボの中間グレードで、車両本体価格1千229万円にBMW Individual装備とサラウンドシステムや22インチ・ホイールといったオプション込みで1534万5000円です。ちなみに、V8ターボのトップグレード「X7 M50i」が車両本体価格1595万円なので、クリーンディーゼルのラグジュアリー仕様とカリカリな高性能版のどちらを選んでも価格は大差ないといえます。




全長5165×全幅2000×全高1835mmでホイールベースは3105mm、車両重量は2420kgというウワサに違わぬ巨体にたじろぎましたが、世間にはフルサイズSUVが結構いるもんです。たとえばレクサスLXは全長5080×全幅1980×全高1910mm。メルセデス・ベンツGLSは全長5140×全幅1980×全高1850mmという堂々っぷり。これらライバルも都心では大きく見えますが、ピックアップ・トラックがゴロゴロしてる北米ではミドル級かもしれません。

こちらも「デカイデカイ」と囃される新キドニーグリルも、同門ロールスのパルテノンに比べればカワイイもの。実際にX7のグリルを測ってみたら幅85×高さ35cmと顔の半分くらい。では、同じ頃に借り出した新型1シリーズはというと、幅83×高さ27cmですから「グリル:ボディ」比でいえば1シリーズの方がデカイといえるでしょう。

試乗インプレはヒデキ先生にオマカセで

いざ乗り込もうとドアハンドルを引けば、足もとをウェルカム・ライトカーペットが照らします。夜にこれがないと無防備なスネをサイドステップに打ち付けて悶絶しますね。なお、全高に応じて着座位置が高いので躊躇なくサイドステップに乗りましょう。いきなりステップが脱落するほどBMWはヤワじゃないのでご安心を。





さすがフラッグシップSAVだけあってメリノ・レザーとウッドで覆われたキャビンはゴージャス。クリスタルのシフトセレクターやカラーが選べるアンビエントライトが艶っぽいですね。





英国高級オーディオブランドのBowers&Wilkins製サラウンドシステムでムーディな曲なんぞ流して、スカイラウンジ・パノラマ・ガラスサンルーフ越しに星空を眺めれば、すごーくいい雰囲気に浸れます。余談ですがアームレストのコンソールは腕が入りそうなくらい容量たっぷりでした。





特等席は2列目シートで間違いありません。6人乗り仕様はアームレスト付き独立シートになるのでVIP気分は満点。ヒデキ先生もご満悦です。2列目シートを電動で倒してエントリーする3列目シートもお子さま専用にはもったいない。幅が125cmもあって余裕たっぷりだし、サイドにはドリホからUSB Type-Cスロットまで用意されてます。





幅2mの巨体なので取り回しが不安かもしれませんが、ボディ各所に散りばめられたセンサーとカメラによる運転支援にぬかりなし。死角をほとんどカバーしてくれるし、後退や駐車アシストもフル搭載なのでホントにありがたい。3眼カメラとレーダーを使った最新クルーズコントロールはハンズオフにも対応してます。





多彩なシートアレンジは荷室のスイッチからもフル電動で動かせるから、ラゲッジルームは3列目を倒した状態で750Lを、2列目まで倒せば奥行き122cmで容量が2120Lとこちらも余裕たっぷり。リアゲートは上下2分割式でもちろん電動で開閉します。車高ダウンのスイッチも備えるから、大きなブツの積み卸しも容易でしょうね。





この「X7 xDrive35d」の搭載パワートレインは、クリーンディーゼルの3L直6直噴ターボに8速ATでフルタイム4WDです。スペック的には最高出力265psで大丈夫? なんて思いますが、最大トルクが620Nmありますから、2トン超の巨体でもグイグイ走ります。ともあれ、詳細な車両解説と試乗インプレッションは、ル・ボラン1月号(2019年11月26日発売)にて、フォトグラファー郡 大二郎氏が手掛けた美しいビジュアルとともに掲載します。乞うご期待!

https://www.neko.co.jp/magazine

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します