サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】坪井翔、開幕戦は痛恨のノーポイント「でも諦めない。鈴鹿から挽回を目指す」

ここから本文です

 P.MU/CERUMO・INGINGの坪井翔は、2021年のスーパーフォーミュラ開幕戦をリタイア(18位完走扱い)で終えた。

 坪井は予選Q2で敗退し、10番グリッドからスタート。しかしレース終盤37周目にスピンを喫し、クラッシュ。チェッカーを受けることはできなかった。

■野尻智紀、SF開幕戦富士を完勝「タイトルを争えると言えるだけの手応えを感じている」

「雨が降ってきて、タイヤが温まらなくて……そこで縁石に乗ってスピンしてしまいました」

 そう語る坪井は、レース中は着実に順位を上げ、ポイント獲得にも手が届きそうだった。それでも、7位か8位が精一杯だったのではないかと語る。

おすすめのニュース

サイトトップへ