サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ タンドラ世界初公開。吹っ切れたワイルド顔で強面アメ車軍団を凌駕する仕上がりに

ここから本文です

新型トヨタ タンドラ世界初公開。吹っ切れたワイルド顔で強面アメ車軍団を凌駕する仕上がりに

トヨタの北米部門は9月19日(現地時間)、フルモデルチェンジした新型「タンドラ」を世界初披露。伝統のフルサイズピックアップカテゴリーで、ベストセラーの「フォード F150」を始め、「シボレー シルバラード」、「ダッジ ラム」など米国勢に勝負を挑む。
 
約15年ぶりの全面改良を受けた新型タンドラは、パワーユニットを5.7L V8自然吸気から、ダウンサイジングした3.5L V6ツインターボへと変更。新型エンジン「i-FORCE」は、デュアルVVTiや水冷インタークーラーなどにより、ベースモデルでもパワーおよびトルクとも従来のV8を凌ぐ389hp/649Nmを発生する。さらに、上位グレードが搭載する「i-FORCE MAX」ではエンジンと10ATの間にモータージェネレーターが取り付けられ、スペックは437hp/790Nmを達成。低速では完全なEV走行を可能としている。
 
もうひとつ、注目すべきは新設計のラダーフレーム採用と同時に、リアサスペンションの形式が従来のリーフ式からマルチリンク式に一新されたこと。これにより、ハンドリングと乗り心地が改善されるとともに、米国で重視される牽引能力も先代から17.6%向上したという。また、タンドラとして初めて路面状況に応じて減衰力をコントロールする電子制御サスペンション「AVS」も設定されている。
 
マッシブなルックスと対照的に、インテリアは先進的な空間に仕上がっている。最大で14インチのマルチメディアモニターを装備し、メータークラスターにも12.3インチデジタルパネルを採用。さらに、コネクティビティもクラウドベースのナビや最大10台まで接続できる車内Wi-Fi環境など、ラグジュアリーカー顔負けの充実ぶりとなっている。
 
新型の4ドアボディは、簡易なリアドアを備える「ダブルキャブ」とフルサイズの「クルーマックス」という2タイプが用意され、ダブルキャブおよびクルーマックスのどちらも荷台の長さを2種類から選択可能。また、グレードはベーシックな「SR」から「TRD Pro」まで6種の構成となり、最上位のTRD Proではフロントグリルの「TOYOTA」ロゴや、18インチBBSホイールなどスポーティな装備が奢られる。
 
先代は全長5.8m、全幅2m超と恐竜のようなサイズにもかかわらず、盛んに並行輸入されるほど日本でも人気が高かった。それを考えると、新型を国内で見かける日も案外近いかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します