サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選好調決勝低調、ハースF1代表「日曜に輝き必要」スペインGPノーポイントに嘆き

ここから本文です

 F1第6戦スペインGPで、ハースF1チームは予選日まで速さを示していた一方で、決勝はノーポイントに終わった。チーム代表のギュンター・シュタイナーはこの状況に対し、「日曜日に輝く」ことが必要だと語っている。

 スペインGPでは多くのチームがマシンにアップデートを投入。一方でハースは数少ないアップデート”無し”のチームだった。

■ハース「アップデートで速くなるとは限らない」

 しかしパフォーマンス面でハースは健闘を見せた。予選ではケビン・マグヌッセン、ミック・シューマッハーが揃ってQ3へ進出し、それぞれ8番手、10番手を確保したのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン