サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1新車”雑感”解説:アストンマーチンAMR21。今度は”グリーンメルセデス”?

ここから本文です

 アストンマーチンがF1”復帰”最初のマシンとなるAMR21を発表した。レーシングポイントから名称を変更した同チームのマシンのカラーリングは、昨年までのピンクベースからグリーンベースに一新。第一印象は大きく異なる。

 細部を見ていくと、ノーズやフロントサスペンションは、昨年と同様のようである。しかしリヤ部分では、大きく変更が施されているようだ。

■F1復帰のアストンマーチン、”5年計画”でタイトル獲得を狙える体制を目指す

 レーシングポイント時代の昨年中盤、チームはマシンに大幅アップデートを投入。サイドポンツーンの後方がフロアに向けて大胆に落とし込まれ、ディフューザー上に空気を送り込むような形状へと進化していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン