サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】牧野任祐、SF初の表彰台も満足せず「展開次第では勝てるチャンスもあった」|第4戦オートポリス

ここから本文です
 オートポリスで行なわれた2020全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦。3位表彰台を獲得した牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がレースを振り返り、初の表彰台に安堵しつつも、課題も浮き彫りになるレースだったと語った。

 12番手からスタートした牧野は、ピットウインドウが開いた10周目にタイヤ交換を済ませた。これが功を奏し、13周目に導入されたセーフティカーのタイミングで他車がピットストップをしている間に5番手まで浮上。

おすすめのニュース

サイトトップへ