サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【カーボンニュートラルを目指す】メルセデス・ベンツ 有機バッテリーの開発に注力 実用化15年後

ここから本文です

未来を見据えた有機バッテリー

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

【画像】メルセデス・ベンツEQC、テスラ・モデルX、ジャガーIペイス、アウディeトロン【ライバル比較】 全83枚

メルセデス・ベンツは、革新的で環境にやさしい有機電池(有機バッテリー)を「非常に有望な技術」と評価し、研究を行っている。

このテクノロジーは、今年初めに発表された、未来を見据えたメルセデス・ベンツ・ビジョンAVTRコンセプトカーで採用されている。

有機電池は、水をベースとした電解質と、グラフェンをベースとしたオーガニックセルから作られており、希少物質、有毒物質または金属を一切使用せず、堆肥化によって完全にリサイクルが可能だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ