サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、チームの”戦略ミス”に憤慨「もっと早くタイヤを変えるか、無交換で走り切るべきだった」

ここから本文です
 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1トルコGP決勝で採った戦略が最高のモノではなかったと憤慨。その理由を説明した。

 エンジン交換を決断したハミルトンは、予選で最速タイムを記録しながらも、11番グリッドからスタート。ウエットコンディションとなった中、インターミディエイトでタイヤ交換せずに走り切ることを目指した。これにより一時3番手まで浮上して見せたが、結局はレース終盤の50周目にピットインしてタイヤ交換を実施。5番手でレースに復帰することになった。ハミルトンは、全ドライバー中最後にピットストップを行なったドライバーである。

おすすめのニュース

サイトトップへ