サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > デュバル駆る5号車キャデラックが首位でレース折り返し。マツダ勢は3、4番手/デイトナ24時間 決勝12時間後

ここから本文です
 2020年シーズンのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権開幕戦デイトナ24時間レースの決勝は1月26日、スタートから12時間が経過。レースの折り返しを迎えた時点ではマスタング・サンプリング・レーシング/JDCミラー・モータースポーツの5号車キャデラックDPi-V.R(セバスチャン・ブルデー/ロイック・デュバル/ジョアオ・バルボサ組)が総合首位に立っている。
 
 世界三大耐久レースのひとつでアメリカ最大級の耐久レースイベントの決勝日は晴天に恵まれた。

おすすめのニュース

サイトトップへ