現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 韓国ヒョンデのEV攻勢が止まらない 7人乗り大型SUV「アイオニック7」 航続距離500km以上か

ここから本文です
韓国ヒョンデのEV攻勢が止まらない 7人乗り大型SUV「アイオニック7」 航続距離500km以上か
写真を全て見る(1枚)

新たな電動SUV ドイツで発見

韓国の自動車メーカーであるヒョンデは、2024年に発売予定の新型EV、アイオニック7を開発中だ。今回、そのプロトタイプがドイツの公道でテスト走行しているところを目撃された。

【画像】見た目はまるで宇宙船! 7人乗りの大型SUV、デビュー間近【大胆すぎるヒョンデ・セブン・コンセプトと次期アイオニック7の試作車を写真で見る】 全33枚

アイオニック7はEV専用の大型SUVであり、3列シートで最大7人乗り、最高出力は約380ps、1回の充電での航続距離は最長540km近くになると予想される。

デザインのベースは2021年に米国で公開された「セブン」コンセプトと考えられ、全体的なシルエットや大きなリアウィンドウ、ヘッドライトなどの形状が似ている。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

メルセデスW15は「W14よりドライブしやすい」とラッセル。新型フロントウイングにウォルフ代表も自信
メルセデスW15は「W14よりドライブしやすい」とラッセル。新型フロントウイングにウォルフ代表も自信
AUTOSPORT web
多忙な日程こなすPONOS RACINGのコッツォリーノが2024年に期待「面白いシーズンになる」
多忙な日程こなすPONOS RACINGのコッツォリーノが2024年に期待「面白いシーズンになる」
AUTOSPORT web
“6速MT”搭載の新型「トルネオ」! SUV風デザインの「新型コンパクトミニバン」!? 「最高にカッコイイ」“新モデル”に反響集まる
“6速MT”搭載の新型「トルネオ」! SUV風デザインの「新型コンパクトミニバン」!? 「最高にカッコイイ」“新モデル”に反響集まる
くるまのニュース
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外前編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外前編)
GQ JAPAN
銀座のブランド発信拠点がフォーミュラE仕様に。ニッサンが東京E-Prix開催を控えイベントを開催
銀座のブランド発信拠点がフォーミュラE仕様に。ニッサンが東京E-Prix開催を控えイベントを開催
AUTOSPORT web
420馬力に対応! HKSのLA クラッチにトヨタ「GR86」スバル「BRZ」用が登場!
420馬力に対応! HKSのLA クラッチにトヨタ「GR86」スバル「BRZ」用が登場!
くるまのニュース
米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
レスポンス
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
motorsport.com 日本版
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
AUTOSPORT web
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
motorsport.com 日本版
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
くるまのニュース
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
レスポンス
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
motorsport.com 日本版
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
くるまのニュース
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
バイクのニュース
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
Auto Messe Web

みんなのコメント

19件
  • tom********
    嫌韓隊の書き込みを見てると
    この分野では日本はますます差をつけられるな、と思うばかり
  • Qccy
    記事には0~188Kmまでの タイム書き忘れてるで?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.998.0万円

中古車を検索
Kの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.998.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村