現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BEVはエンジン車と別の乗りものであるべき? メルセデスEQS SUVに乗って感じた脅威の「演出力」

ここから本文です

BEVはエンジン車と別の乗りものであるべき? メルセデスEQS SUVに乗って感じた脅威の「演出力」

掲載 11
BEVはエンジン車と別の乗りものであるべき? メルセデスEQS SUVに乗って感じた脅威の「演出力」

 この記事をまとめると

■メルセデス・ベンツEQS SUVに試乗した

ロータリーエンジンも搭載されたメルセデス「C111」がEVで蘇った! 1920馬力のコンセプトカー「ヴィジョン・ワン・イレブン」

■EQS SUVでは「BEV=未来のクルマ」という印象がこれでもかと演出されていた

■未来感を演出する輸入BEVにICEの延長のような国産BEVが太刀打ちできるか不安を感じた

 巨体の割に小まわりもきくメルセデス・ベンツEQS SUV

 メルセデス・ベンツEQS SUVが日本国内デビューしたのは2023年5月29日。このEQS SUVに先日試乗する機会があった。

 全長5m、そして全幅2mオーバー。ホイールベースは3210mmという、とにかく大きいSUVスタイルのBEV(バッテリー電気自動車)というのが第一印象であった。試乗車はダイヤモンドホワイトという、拡大色となる白系だったので、とにかく大きく見えた。

 ただ、運転を始めると、意外なほど小まわりがきくことに驚いた。すると、後輪が3代目ホンダ・プレリュードのテレビCMを思い起こさせるぐらいに逆位相することで小まわり性能を確保していた。

 詳細な走りよりも今回は、BEVならではの巧みな演出について触れていきたいと思う。

 運転席に座ってまず驚いたのは、筆者の自宅台所にある液晶テレビなみの画面サイズのセンターディスプレイである。さらに、助手席ダッシュボード部分にもディスプレイが装着されている。計器盤はもちろんデジタルとなっているので、ベタな表現で申し訳ないところだが、「BEV=未来のクルマ」という印象がこれでもかと演出されているように感じた。

 センターディスプレイには、「PM2.5警告」みたいな表示もあり、フィルターを通して浄化した車内の空気と車外におけるPM2.5の濃度が表示されているのにも注目してしまった。PM2.5の濃度表示があるところや、ボディサイズの大きさをみると、メインマーケットは北米や中国なのは明らかである。

 見た目は未来感が強いが基本操作は変わっていない

 実際に運転してみると、ヒューマンインターフェースの良さにも驚かされた。

 ステアリングを握り、右側にはシフト操作を行う電子レバーがあるが、これはメルセデスベンツのICE(内燃機関)車と共通となっている。ICE車のメルセデスベンツからBEVのメルセデスベンツ車(メルセデスEQ車)に乗り換えても基本的な操作が変わらないという点は、ユーザーもBEVに入りやすいものと感じた。

 また、筆者の私見にもなるのだが、どうしてもBEVだとエアコンの効きが悪いといった印象を持ってしまうのだが、試乗した日は最高気温35度以上という酷暑だったが、「涼しい」と思えるほど冷房がすぐ効いていた。北米や中国市場を考えれば空調へのこのような配慮も当たり前なのかもしれない。

 さらに、音楽を聴いていると、フロントの空調ルーバー上などが淡い紫などで光るだけでなく、音楽に合わせて濃淡などが変わっていた。ドイツメーカーのエンジニアは博士ばかりとも聞くが、博士たちがこのようなアイディアを自ら出したとは思えないので、そこはマーケットからしっかり聞き取りを行っているのだなぁとも感じた。

 何が言いたいかというと、BEVなどのNEV(新エネルギー車)への過渡期であるいまならではともいえるが、NEVはいままでのICE車とは異なる乗り物なのだという演出がしっかりできることも、メーカーの腕の見せどころといえると考えている。

 EQS SUVは1500万円を超える高級車なので、これから出てくるであろう日系NEVと同じ土俵で比べるとことはできないかもしれないが、メルセデス・ベンツはじめ、海外NEVのように未来感を演出するだけでなく、扱いやすさやICE車と同じような操作性を残すなど、バランスよく採り入れることが、日系メーカー車できるのだろうかと不安になってしまった。

 新興勢力ともいえる中国メーカーのNEVでは、先進性ばかり突き進んで、欧米のNEVほどバランスが取れていないとの話も聞くが、そこはフットワークの軽さでどんどんブラッシュアップさせていくはずである。勢いのある中国メーカーなどとの差別化は、やはり長年ICE車で培ってきたノウハウを活用できるかどうかにあるが、ICE車臭さを強く残さないということも大事と考える。

 EQS SUVの試乗後、S580に試乗したのだが、インテリアをみると明らかにEQ系とは違うと感じる、リアルワールド感の強いものとなっていた。このような作り分けがいまの日本メーカーでできるのか? ことは単純に動力を電気にすればいいというものではない(海外ブランドのBEVはICE車とは明らかに違う乗り物であることを強調している)。このあたりが現実的すぎる、つまりICE車の延長というイメージの強い日系メーカーのBEVをみると筆者は不安を覚えてしまうのである。

こんな記事も読まれています

テスラのサイバートラックの納車開始! ポルシェ911ターボより早いEVトラックほんとに売ったのね! 価格は約900万円から
テスラのサイバートラックの納車開始! ポルシェ911ターボより早いEVトラックほんとに売ったのね! 価格は約900万円から
ベストカーWeb
【注目モデル詳報】モデルライフ最大の改良。新開発LSDで「人馬一体」が徹底された最新マツダ・ロードスターのマニアックポイント
【注目モデル詳報】モデルライフ最大の改良。新開発LSDで「人馬一体」が徹底された最新マツダ・ロードスターのマニアックポイント
カー・アンド・ドライバー
トヨタが本格オフローダー「ランドクルーザー"70"」の販売を再開
トヨタが本格オフローダー「ランドクルーザー"70"」の販売を再開
@DIME
「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場
「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場
くるまのニュース
初のフルモデルチェンジ!メルセデス・ベンツがミドルサイズSUV「GLCクーペ」の新型モデルを発売
初のフルモデルチェンジ!メルセデス・ベンツがミドルサイズSUV「GLCクーペ」の新型モデルを発売
@DIME
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
Merkmal
ホンダ「NC750X」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
ホンダ「NC750X」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
webオートバイ
知る人ぞ知る真実……実は2代目ステージアの2.5LV6ターボ「VQ25DET」は幻の「V35スカイラインGT-R」用エンジンだったってマジ!?
知る人ぞ知る真実……実は2代目ステージアの2.5LV6ターボ「VQ25DET」は幻の「V35スカイラインGT-R」用エンジンだったってマジ!?
ベストカーWeb
余計な装備は一切なし! シンプルな二段フラットが使いやすい スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
余計な装備は一切なし! シンプルな二段フラットが使いやすい スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
オペル日本再上陸はほぼ白紙か!? キムタクドラマで超絶売れたヴィータはどうなる!? 実現が厳しいワケ
オペル日本再上陸はほぼ白紙か!? キムタクドラマで超絶売れたヴィータはどうなる!? 実現が厳しいワケ
ベストカーWeb
年間表彰式『SUPER GT HEROES』開催。王者坪井「宮田選手には、日本のレベルの高さを世界で証明して欲しい」
年間表彰式『SUPER GT HEROES』開催。王者坪井「宮田選手には、日本のレベルの高さを世界で証明して欲しい」
AUTOSPORT web
「ホンダ」は中国でやる気満々!! 次世代EV「e:N」シリーズ市販モデルなど続々登場へ!【広州モーターショー2023】
「ホンダ」は中国でやる気満々!! 次世代EV「e:N」シリーズ市販モデルなど続々登場へ!【広州モーターショー2023】
ベストカーWeb
現在のレトロブームの先駆者!? 中古モデルが沸騰した日産「Be-1」は偉大なパイクカー第1弾として誕生!
現在のレトロブームの先駆者!? 中古モデルが沸騰した日産「Be-1」は偉大なパイクカー第1弾として誕生!
ベストカーWeb
燃料電池車『トヨタ・ミライ』に改良モデルが登場。安全装備・先進機能が充実
燃料電池車『トヨタ・ミライ』に改良モデルが登場。安全装備・先進機能が充実
AUTOSPORT web
なぜ「ビリー・ザ・キッド」の墓は「檻」に囲まれている? 伝説のアウトローの足跡を辿って少し寄り道【ルート66旅_28】
なぜ「ビリー・ザ・キッド」の墓は「檻」に囲まれている? 伝説のアウトローの足跡を辿って少し寄り道【ルート66旅_28】
Auto Messe Web
累計1450万台の人気者もEVへ 航続395km ヴォグゾール(オペル)・コルサ・エレクトリックへ試乗
累計1450万台の人気者もEVへ 航続395km ヴォグゾール(オペル)・コルサ・エレクトリックへ試乗
AUTOCAR JAPAN
交通安全の広報大使に「ビックリマン」激レアキャラが! 限定シールの配布は?
交通安全の広報大使に「ビックリマン」激レアキャラが! 限定シールの配布は?
乗りものニュース
F1チームは技術規則の抜け穴を利用。接近戦や追い抜きの減少、タイヤのデグラデーション問題に繋がったとFIAが指摘
F1チームは技術規則の抜け穴を利用。接近戦や追い抜きの減少、タイヤのデグラデーション問題に繋がったとFIAが指摘
AUTOSPORT web

みんなのコメント

11件
  • 演出力なのであって実力では無い事はわかった。
  • 名前にSUVとつけてしまうって
    今のメルセデスはトヨタ並みにネーミングセンスまで
    落ちてしまったのか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2375.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1567.01910.0万円

中古車を検索
EQSの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2375.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1567.01910.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村