サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、軽量化のためF1マイアミGPで搭載ドリンク量を削減も「当然、脱水症状にもなるよ」

ここから本文です

 今シーズンは、F1が新しいテクニカルレギュレーションに移行したことでしたことで、各F1チームはマシンの軽量化に苦戦している。

 これまでマクラーレンは、アップデート以外にもマシンの塗装を一部剥がすなどして軽量化を行なってきたが、マイアミGPではドライバーが決勝レース中に飲むドリンクの搭載量を減らし、さらなる軽量化を狙った。しかしどうやらダニエル・リカルドは、想像以上にドリンクの量が少なかったと感じているようだ。

■軽量化競争、極まる。ウイリアムズ、塗装“全剥がし”検討「速くなればスポンサーの利益になるだろう?」

 マイアミGP決勝レース中の最高気温は36度、路面温度は52度にまで上昇。加えてフロリダは湿気が多かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン