サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最新のクルマのメーター事情とマークの意味を徹底解説

ここから本文です

最新のクルマのメーター事情とマークの意味を徹底解説

インパネで愛車の状況をいち早く察知する

 クルマの状態を把握するために重要なのが「メーター」だ。タコメーター、スピードメーター、ガソリン残量など必要な計器類が集合したパネルを「インパネ(インストルメントパネル)」という。ここで詳しくインパネについて解説していきたい。

ステアリングの役割とは? 交換するメリット・デメリットを解説

最新のクルマのメーター事情

最新のクルマでよく使用されるメーター

 近年、自動車のメーターは液晶化が進んでいる。これは従来のアナログメーターに比べて、格段に視認性が上がるからという理由が第一だ。昼間でも夜間でも同様に見やすいというのは、運転している側が「情報を得る」という面ではありがたい話だ。

 この液晶の登場によって、インパネでさまざまな表示が可能になった。従来のいわゆる「機械式」と呼ばれるメーターは、速度計(スピードメーター)/エンジン回転数計(タコメーター)/燃料計/水温計などがメイン。そこに走行距離やギヤのポジション、各部の警告灯などが散りばめられていた。しかし、液晶メーターはそれまで以上に多彩な表示が可能となるだけでなく、固定ではなく、スイッチひとつで情報の切り替えが可能。アウディで採用されている「バーチャルコクピット」などでは、インパネが全面的にナビゲーションの画面になったりするのだ。従来なら、ナビの画面を見るために正面から視線をずらす必要があったが、これならちょっと目線を下げるだけで確認可能。脇見運転等の事故削減にもつながるだろう。

 つまり、液晶メーターとなったことで視認性が向上しただけでなく、運転中の必要なときに必要な情報を得られるようになったというワケだ。情報という面から見ると、最近では燃費計を採用するクルマも増えてきた。これは時代の流れと言うものだろう。

 ハイブリッドやEVモデルが増えてきたことで、今クルマのエネルギーがどのような状況にあるのか。エンジンで動いているのか。モーター(電気)で動いているのか、ブレーキによってエネルギーが回生されているのか、といった表示も、最近では当然のように表示されている。最近では追従式が当然のようになったクルーズコントロールについても、その動作状況はインパネに表示されるようになっている。

 また、自分の運転がエコだったのか、そうではなく少しラフだったのかという指標まで表される。大きなお世話と思う方もいるかもしれないが、それだけインパネには情報量が詰まっていると考えていただきたい。

現在少なくなってきたメーター

 では逆に、減ってきたメーターというものはあるのだろうか。それはズバリ「タコメーター」だろう。エンジン回転数を表すものだが、とくに低価格のクルマには装備されていないこともある。

 かつてMT(マニュアル)車が多かった時代、シフトチェンジのタイミングを知るために必要装備だった。しかしAT車が普及したこと、クルマに関心のないユーザーが増えたこともあり、MT車であった場合にも、低価格モデルには必要ないという判断が下されたようだ。

 また、水温計に関しても最近は警告灯のみというモデルが増えている。エンジンを冷やす冷却水の温度が低過ぎる場合には低温警告灯を、高温となった場合は高温警告灯を点灯する。

 とはいえ、従来の水温計もそこまでシビアな動きをしていたとは言えない。夏場の渋滞時など、実は100℃近くまで上がっていても、メーターはさほど動かないことが多いと聞く。これはあまりにシビアに動いてしまうと、車両には問題がないにも関わらず、ドライバーがいらぬ心配をしてしまうからだと聞いた。なので、本当に危険ゾーンに入るまで針はほとんど動かず、これが上昇したら「結構ヤバイ」状態。純正の水温計はそういう程度の使い方だったので、警告灯で十分というワケだ。

 このようにして技術の進化や時代の求めるものによって、メーターは変化を続けてきた。今後、内燃機関(エンジンやディーゼル)で動くクルマがなくなれば、おのずとタコメーターはなくなる運命にある。

クルマのメーターの変化

 そもそもカール・ベンツが初めて世界で初めて開発したガソリン車にはメーターは装備されていなかった。15km/hほどで走ったと言われており必要なかったのだ。19世紀末に自動車が進化してスピードも高まり速度を知る必要が出てきた。そこで泥や飛び石よけの役割を果たしていたダッシュボードにメーターを装着するようになった。とはいっても20世紀に入てもなお、クルマに必ずしもメーターが装着されているワケではなかったようだ。当時のメーターは当然アナログ式である。

 では、デジタルメーターはいつ頃誕生したのか。日本では1980年代に各自動車メーカーが一斉に採用するようになった。初代ソアラの「エレクトロニック・メーター」が初採用である。フロントウインドウに速度などの情報を映し出すヘッドアップディスプレイもこの時代に誕生した。当時はバブル期で、デジタル=新しい、偉いという発想があったことと浅からぬ関係があったのだろう。また、スポーツモデルでは日産R32型スカイラインGT-Rでインパネ以外にも3連メーターが採用されるなど、メーターの数が多いほどカッコいいという風潮もあった。チューニングするために車両の状況把握が必要だったという面もあるが、追加メーターをダッシュボード上やAピラーに数多く装着するカスタマイズが流行ったのも、この影響が強いと思われる。

 その後2008年に発表されたクラウンハイブリッドでは世界で初めてインパネのすべてが液晶パネルを採用する。一時期プリウスなどを筆頭に、ドライバーの目前ではなく、車両の中央にメーターを置く「センターメーター」が増えたのは、前方視界との遠近をより縮めるためという理由があった。しかし、メーターを見る際に横方向への視線移動が大きくなるデメリットもあり、近年ではセンターメーターから通常の運転席前に戻すモデルも増えてきた。

メーターパネルの警告灯・表示灯の意味

 さて、インパネは速度計やタコメーターといったメーター類だけでなく、クルマからの重要なメッセージを伝えるという責任重大な役割がある。それが警告灯や表示灯だ。イグニッションオンにすると、まず最初にメーターパネルの警告灯と表示灯がすべて点灯するはず。そしてエンジンONでそれらは消えなければならない。最初にすべてが点灯するのは、警告灯や表示灯自体に問題がないかを確認するため。点灯しない場合は、それ自体に問題が発生している可能性があるので、すぐにディーラーやプロショップでの点検をオススメする。

 さて、この警告灯や表示灯は、よく見れば「赤」「黄」「緑」のいずれかのはずだ。これは国際規格(ISO)で決められているから。日本車だろうが輸入車だろうが、色による緊急度合いは変わらないということだ。赤色は「危険」を表しており、重大な故障(もしくは重大な故障を引き起こす原因)があることを示している。走行中に赤色の警告灯が点灯した場合は速やかに安全な場所に停車し、点検・修理を行うべきだ。黄色は「注意」を示している。緊急停車の必要はないまでも、放っておかずに点検しなければ車両トラブルが発生する。まるで信号機と同じ色合いであり、緑色は「安全」という意味。点灯しても何ら問題はない。ここからはそれぞれのサインについて説明していこう。

シートベルト非装着警告灯(赤)

 エンジンON時に運転席または助手席のシートベルトが装着されていない場合に点灯(2020年9月以降の新型車は前席のみならず後席も含めた全席にシートベルト非装着警告灯を装備することが義務化)する。安全にドライブするために、走行前には必ずシートベルトを締めなければならない。ちなみにシートの上に重い荷物を載せると、人が乗っていると判断して点いてしまうこともあるので、荷物の置き場にも気を付けたい。

半ドア警告灯(赤)

 運転席や助手席、後部座席、さらにバックドアなど、いずれかのドアがしっかり閉まっていないときに点灯する。そのまま走行すると何かの拍子にドアが開いて、同乗者や荷物が落下する恐れもある。点灯時は目視で閉まっていると思っても、必ずそれぞれのドアを点検すること。ちなみにボンネットが閉まりきっていない場合には点灯しない。もしボンネットを開くことがあったら、入念に閉まっているかどうか確認しておこう。

エンジン警告灯(黄)

 エンジンやトランスミッションに異常がある場合に点灯する。最近のクルマはたくさんのセンサーが設置されており、そのいずれかで異常を検知するとエンジン警告灯で知らせるという仕組みだ。原因はエンジンやミッション内部でのトラブルであることが多く、シロウトでは追求するのは困難だ。致命的なトラブルにつながることもあるので、すぐにディーラーやショップに相談しよう。

充電警告灯(赤)

「バッテリー警告灯」と呼ぶこともある。バッテリー本体に原因がある場合だけでなく、オルタネーターやベルト類など、充電に関わる場所に異常が発生した場合に点灯する。何らかの問題で走行中に充電ができない状態に陥ると、いつエンジンが停止してもおかしくない。メーターの明かりが消えたり、パワステがほとんど聞かなくなったりとトラブルが出始め、最終的にはエンジン停止。この警告灯が点き、充電ができない状態に陥った場合はすぐにクルマが動かなくなると考えたほうがいい。即座に安全な場所に停車し、助けを呼ぼう。

油圧警告灯(赤)

 エンジンが掛かっているときに、エンジンオイルの油圧に異常が発生すると点灯する。そのまま走行を続けるとエンジンが焼き付いてブローしてしまうこともある。すぐに安全な場所にクルマを止め、エンジンオイルの量を確認してみること。もし減っているようなら補充が必要だ。ホースやパイプなどからオイル漏れしている可能性もあるので、クルマの下を覗いてオイルが漏れていないかチェックしてみよう。オイルを補充しても点灯している場合は走り続けずにディーラーやショップに相談しよう。

ブレーキ警告灯(赤)

 パーキングブレーキ(サイドブレーキ)が効いている状態なので解除して消灯すれば正常。それ以外の場合はブレーキフルード不足などブレーキ系統に異常が起こったときに点灯する。そのまま走り続けると、突然ブレーキが効かなくなるという重大なトラブルになる可能性もある。すぐに停車して助けを呼ぶべきだ。

 また、上記以外にもクルマによってさまざまな警告灯や表示灯が存在する。「4WD」なら四駆システムの異常を知らせるし、ハイブリッド車やEVには「ハイブリッドシステム警告灯」もある。自分が乗っているクルマにどんな警告灯・表示灯がどういった位置に点灯するのか、知っておいたほうが安心・安全だ。ただ、メーターパネルの表示はとても重要ではあるが、走行中にインパネばかりに目を向けるのは危険なので避けたいところ。危険なワーニングランプの位置は覚えておいたほうがいいだろう。

スピードメーターの仕組み

 ところで、スピードメーターはどのように速度を感知して表示しているのだろうか。仕組みについて説明しよう。詳しくは後述するが、スピードメーターはJIS規格で作動方式を「機械式」「電気式」「電子式」の3種類、支持方式を「アナログ表示」「デジタル表示」の2種類としている。その他、さまざまな環境でもちゃんと作動するように細かく規定されている。

 いずれにせよ、ほとんどの国産車では0~160または180km/hまで目盛りが刻まれている。最近ではR35型GT-Rのように340km/hまで表示されているものもある。表示デザインはさまざまだが仕組みは変わらない。少し乱暴な言い方をすれば「何らかの方法で一定の時間に対するタイヤの回転数を感知し、タイヤ外周の長さをもとにスピードを割り出している」のだ。

 カスタマイズとしてタイヤ&ホイールを交換する際、タイヤの外径が変わらないように注意するというのは、できるだけスピードメーターに誤差が生じないようにするため。車検時には必ずスピードメーターと実際の速度の誤差を確認している。この誤差については実際の速度よりもメーターの数値のほうが早い速度を示していることが多いようだ。

スピードメーターの規格と種類

 では実際にスピードメーターの規格と種類について説明しよう。先にも述べたようにクルマのスピードメーターはJIS規格で定められている。作動方式は機械式、電気式、電子式の3種類。支持方式はアナログ表示とデジタル表示の2種類。安全に公道を走るために必要な装置なので、表示速度の誤差や針振れの範囲、耐久性など細かい部分まで規定されている。ここからは作動方式についてそれぞれを解説する。

機械式

 トランスミッションに差し込まれているワイヤー(フレキシブルケーブル)内部のシャフトが回り、メーターまで回転を伝える仕組みになっている。このフレキシブルシャフトの回転速度を磁石の回転などに伝えてメーターの針を動かす方式だ。最近のクルマではほとんど使われていない。

 ちなみにスカイラインGT-Rで言えば、R32型は機械式であり、R33以降は電気式となっている。アナログ式メーターでは、機械式の場合20km/h以下では振れ幅が小さい。また、ケーブルをミッションからメーターまでつないでいることもあり、経年劣化によってトラブルを抱えることもある。とはいえ、R32型GT-Rを例に挙げれば、30万km以上何も問題はなくケーブル無交換だったという話もあるので、耐久性に問題はない。強いて上げれば、交換することになった場合の作業性はかなり悪く、メカニック泣かせである。

電気式

 ミッションに取り付けられている車速センサーや車輪の回転センサーから電気信号(車速パルス)を送り、アナログメーターの針を動かすシステム。機械式より当然表示精度は高く、電気式は0~10km/hも高速時と同じ感覚でメーターの目盛りを刻めるのがメリットのひとつ。近年ではミッションに車速センサーを取り付けるのではなく、ドライブシャフトやハブベアリングなどのローターから読み込む「車輪速センサー」を採用するクルマも増えてきた。

電子式

 車速センサーや車輪の回転センサーから車速パルスを送るのは電気式と同様。この送られた信号を電気的に計算して、速度をデジタル表示するのが電子式だ。針ではなく数字で表示する方式が多い。前進だけでなく後進時にも車速が表示される。

 いずれの方式でも性能については細かく決められている。針振れの振幅は1km/h以下であること。指示誤差は20km/h時±3km/h、40~100km/hで時±2.5km/h、120km/h時±3km/h、140km/h時±3.5km/h、160km/h時±4km/h。耐温度性、耐水性、耐振性などもそれぞれの条件が決められているのだ。

 また、耐久性については10万km走行に相当する試験後、試験前との変化について、最高目盛り値の5%以下であると定められている。

 運転する際は毎回目にしているメーターだが、実は奥が深く、そしてかなり進化してきたことがおわかりいただけただろう。

将来のクルマのメーター

 では今後、クルマのメーターはどのように変わっていくのだろうか。例えば、ようやく予約を開始し、この冬からデリバリー予定の日産アリアを見てみよう。運転席前には横長のパネルが広がっており、さらにセンターのモニターともつながりを持ったデザインとなっている。もちろん現段階では車速という情報は必要だろう。しかし、将来的にはメーターなど必要なくなるかもしれない。

 自動運転が進み、自分で運転しないとなれば車両の情報など逐一必要なくなるからだ。その代わり、クルマを運転中(というか全自動で移動中)はかつてインパネだった部分にスマホの情報なり、素敵な風景の写真だったりが映し出されているのかもしれない。それは極論として、今後は今までと違った情報をインパネから得ることになるだろう。そうなると情報過多でインパネのスペースが足りなくなることもあるかもしれない。

 いずれにせよ、今までのようにクルマの状態を知る、というよりも安全や快適に走るために必要な情報を得るためのインパネに変わるのではないだろうか。となると、クルマ好きにとっては少々寂しいものだ。速度に合わせて針が動き出す。この楽しさは味わえるうちに存分に堪能しておいたほうがいいかもしれない。

まとめ

 まるで縁の下の力持ちとも思えるメーター類。普段あまり意識することはないが、クルマが動くためにはかなり重要ということがおわかりいただけただろう。特に警告灯などについては今一度確認してほしい。安全・安心にドライブを楽しめるよう、万全を期したいものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します