現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新型CBR600RR発表!】開発者に聞いた、ホンダが「公道を楽しめる600ccスーパースポーツ」を作り続けるワケ

ここから本文です
【新型CBR600RR発表!】開発者に聞いた、ホンダが「公道を楽しめる600ccスーパースポーツ」を作り続けるワケ
写真を全て見る(2枚)

2024年型としてホンダ CBR600RRがヨーロッパ市場で復活! 日本にも遅からず導入か

日本では2022年10月に生産終了となったホンダ CBR600RRだが、ヨーロッパでは日本よりも早い時期からラインアップ落ちしており、長らく600ccスーパースポーツ不在の時代が続いていた。
しかし、ホンダは2023年11月上旬に開催されたEICMA2023で新型CBR600RRを発表。ユーロ5の排ガス規制をクリアして、ヨーロッパのスーパースポーツ市場に復活した。今のところは未定だが、日本でも遅くない時期に販売されると思われる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

「ありがとう野田ナンバー!」 野田ナンバー地域の“顔”東武バスから野田ナンバー車が消滅
「ありがとう野田ナンバー!」 野田ナンバー地域の“顔”東武バスから野田ナンバー車が消滅
乗りものニュース
3月16~17日のスーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。40台が名を連ねる
3月16~17日のスーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。40台が名を連ねる
AUTOSPORT web
約10年ぶりのフルモデルチェンジ、4代目『MINI』の3ドアが上陸。内燃機関モデルに加え初のEVも
約10年ぶりのフルモデルチェンジ、4代目『MINI』の3ドアが上陸。内燃機関モデルに加え初のEVも
AUTOSPORT web
電気自動車を買って試す本音レポート リアルEVライフ[半年で6000km走った!]の巻
電気自動車を買って試す本音レポート リアルEVライフ[半年で6000km走った!]の巻
グーネット
ETCもう要らない? 駐車場のノンストップ自動決済サービス登場 精算機もアプリも不要!?
ETCもう要らない? 駐車場のノンストップ自動決済サービス登場 精算機もアプリも不要!?
乗りものニュース
約800万円! 斬新すぎる「本格オフロードモデル」発表! 特別に搭載された「黄色い物体」とは!?
約800万円! 斬新すぎる「本格オフロードモデル」発表! 特別に搭載された「黄色い物体」とは!?
くるまのニュース
「チームはバラバラになる危険にさらされている」ヨス・フェルスタッペンがホーナー代表の解任を求めたと海外メディアが報道
「チームはバラバラになる危険にさらされている」ヨス・フェルスタッペンがホーナー代表の解任を求めたと海外メディアが報道
AUTOSPORT web
シーズンの厳しいスタートを切ったアルピーヌF1。テクニカルディレクターと空力責任者が離脱か
シーズンの厳しいスタートを切ったアルピーヌF1。テクニカルディレクターと空力責任者が離脱か
AUTOSPORT web
「2024 RAYS FAN MEETING」開催決定! レイズホイールを装着したオーナーは2024年4月21日に富士スピードウェイに集まろう
「2024 RAYS FAN MEETING」開催決定! レイズホイールを装着したオーナーは2024年4月21日に富士スピードウェイに集まろう
Auto Messe Web
新生TCRワールドツアーのカレンダー変更が承認。豪州戦の消滅が確定しブラジル戦も開催地変更へ
新生TCRワールドツアーのカレンダー変更が承認。豪州戦の消滅が確定しブラジル戦も開催地変更へ
AUTOSPORT web
ハイドロで車高上がってる状態? そう思ったアナタに読んで欲しい シトロエンC5 XヒプノスPHEV
ハイドロで車高上がってる状態? そう思ったアナタに読んで欲しい シトロエンC5 XヒプノスPHEV
AUTOCAR JAPAN
ルーミー買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
ルーミー買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
新しいヒョンデ アイオニック5が出た!──GQ新着カー
新しいヒョンデ アイオニック5が出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
新東名で一部「1車線通行」に 車両火災による“黒焦げトンネル”復旧作業 「車両点検・整備もお願いします」
新東名で一部「1車線通行」に 車両火災による“黒焦げトンネル”復旧作業 「車両点検・整備もお願いします」
乗りものニュース
格安で手に入る「中古レクサス」が意外と人気!? 国産ならではのメリットも! “狙い目”モデルは一体どれ?
格安で手に入る「中古レクサス」が意外と人気!? 国産ならではのメリットも! “狙い目”モデルは一体どれ?
くるまのニュース
ふたりの“王者”が新加入。星野一義総監督は「三歩下がって全体を」【2024全チームプレビュー/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL】
ふたりの“王者”が新加入。星野一義総監督は「三歩下がって全体を」【2024全チームプレビュー/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL】
AUTOSPORT web
【試乗】PHEV・ディーゼル・ガソリンでキャラの違いは明白! 新型Eクラスは伝統と革新が見事に融合していた
【試乗】PHEV・ディーゼル・ガソリンでキャラの違いは明白! 新型Eクラスは伝統と革新が見事に融合していた
WEB CARTOP
[15秒でわかる]レズバニ新型『ビースト』…1000馬力の野獣
[15秒でわかる]レズバニ新型『ビースト』…1000馬力の野獣
レスポンス

みんなのコメント

21件
  • atu********
    結局、新車は予約でいっぱい。次回入荷未定で買えない、中古が高額。悪循環を何とかして欲しいものです。
  • dar********
    昔の6気筒CBX1000は世界最速と言われていたがサーキットでは4気筒のCB900Fの方が速いと言われていた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村