サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、イモラで連日のミスにより入賞逃す「プッシュする必要などなかったのに」|F1エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースで自らのミスによりポイントを逃したことを振り返り、今は学んでいるところであり、同じようなミスを二度と犯さないようにしたいと語った。

 角田は今回のレースを最後尾グリッドからスタートした。予選Q1でクラッシュし、ノータイムに終わったためだ。

【F1動画】雨中の激戦……角田悔しいスピン!|2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝ハイライト

 角田は徐々に順位を上げ、赤旗中断からのレース再開時には9番手の入賞圏内まで浮上していた。しかしリスタート直後、前を走っていたルイス・ハミルトン(メルセデス)を抜こうとしたところターン6でスピンを喫し、リードラップ最後尾に落ちてしまう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン