サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルピーヌ育成のピアストリ、F1デビューの”高き壁”はアロンソにあらず? ”直接比較”しないとチーム示唆

ここから本文です

 アルピーヌは、育成ドライバーであり、FIA F2選手権のタイトル争いをリードしているオスカー・ピアストリ(プレマ)をリザーブドライバーに起用すると発表した。

 わずか1シーズンでF2を卒業し、2022年はリザーブに専念するピアストリ。F1サウジアラビアGPと併催のF2ジェッダ戦でもリードを拡大した期待の若手は、2023年のF1デビューを目指すことになる。

■オコン、ピアストリのF1デビューは”時間の問題”と太鼓判「僕も時間がかかったけど……」

 とはいえ、ルノーがパワーユニットを供給しているチームがワークスのアルピーヌしかない以上、ピアストリの将来は安泰ではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン