サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型コロナの影響はこれから 日米欧中の2020年2月自動車販売データに見る各市場の現状は

ここから本文です

新型コロナの影響はこれから 日米欧中の2020年2月自動車販売データに見る各市場の現状は

■消費増税の影響が続いている日本の自動車販売

 2019年の11月に中国で発生が確認された新型コロナウイルス(COVID-19)。その中国では2020年1月23日に武漢市を封鎖するなどして対応したが、その後も世界的な拡大を見せている状況だ。

アメリカを代表する高級車ブランド「キャデラック」 なぜその名の由来はフランス人なのか【ブランド考察】

 日本/ヨーロッパ/アメリカ/中国の自動車市場を見てみると、2020年2月の段階だと中国市場で新型コロナウイルスの影響が出ているものの、日本とヨーロッパ、アメリカの市場では大きな影響はなかった。ただし2020年3月以降は世界中の自動車市場で大きくマイナスになると予想される。

日本:消費増税の影響が続き苦戦

 日本では2019年10月におこなわれた消費増税があり、直前の9月には駆け込み需要で前年同月比113%を記録したものの、10月は72.5%、11月は85.5%、12月は90.5%、2020年に入ってからも1月が88.5%と、前年同月比を下回る状況が続いている。

 2020年2月の販売台数は、普通乗用車が12万3600台、小型乗用車が10万9555台、合計は23万3155台。これは前年比89.3%で、変わらず苦戦を強いられている。ちなみに軽四輪乗用車は12万8897台で、前年同月比は91.8%となる。

 こうした流れのなかでの新型コロナウイルス感染拡大。今後も予断の許さない状況が続く。

販売ランキング
1 トヨタ「ライズ」 9979台
2 日産「ノート」 9913台
3 トヨタ「カローラ」9898台
4 日産「セレナ」 8647台
5 トヨタ「アクア」 8433台
6 トヨタ「シエンタ」 8266台
7 ホンダ「フィット」 8221台
8 トヨタ「ルーミー」7682台
9 トヨタ「プリウス」7518台
10 ホンダ「フリード」 7320台

出展:一般社団法人 日本自動車販売協会連合会

ヨーロッパ:前年同月比92.6%とマイナス

 欧州自動車工業会(ACEA)が発表した2月のEU(欧州連合)26カ国の乗用車新車販売台数は、前年同月比92.6%の95万7052台となった。

 もっとも減少したのはドイツ(-10.8%)で、続いてイタリア(-8.8%)、スペイン(-6.0%)、フランス(-2.7%)となっている。

 この2月の数字はまだ新型コロナウイルスの影響が市場に反映されていないが、ACEAの事務局長のエリック・マーク フイテマ氏は「これが自動車業界に影響を与える史上最悪の危機であることは明らかだ」と2020年3月20日に声明を発表している。

販売ランキング

1 ルノー「クリオ(日本名:ルーテシア)」 2万4914台
2 VW「ゴルフ」 2万4735台
3 プジョー「208」 2万923台
4 オペル「CORSA」 1万8406台
5 フィアット「パンダ」 1万7680台
6 フォード「フォーカス」 1万6730台
7 シトロエン「C3」 1万6254台
8 VW「ポロ」 1万6181台
9 シュコダ「OCTAVIA」 1万4853台
10 トヨタ「ヤリス」 1万4488台

※EU26カ国+イギリスの全27カ国の合計
出展:JATO Dynamics

■中国市場は過去最大の下落幅を記録

アメリカ:過去最高レベルのインセンティブで前年同月比8.6%増

 2020年2月の米国の新車販売台数は、過去最高レベルにあるインセンティブの効果で販売が増加。乗用車は36万5309台と前年同月比で97.1%とマイナスになったものの、小型トラックは100万8015台と113.4%を記録。合計では137万3324台と108.6%となった。

 自動車メーカー別のシェアはGMが17.4%で1位、以下トヨタの14.2%、フォードの13.8%、FCAの13.4%、ホンダの8.7%と続いている。

販売ランキング
1 フォード「Ford Fシリーズ」 6万5404台
2 シボレー「シルバラード」 5万1344台
3 ラム「ラム P/U」 5万633台
4 トヨタ「RAV4」 3万8860台
5 トヨタ「カムリ」 3万245台
6 シボレー「エクイノックス」 2万9399台
7 ホンダ「CR-V」 2万8268台
8 ホンダ「シビック」 2万5617台
9 トヨタ「カローラ」 2万4993台
10 日産「ローグ」 2万2320台

出展:GOODCARBADCAR

 ただし、アメリカで新型コロナウイルスの感染が拡大したのは、2020年3月に入ってから。4月1日現在、感染者の数は18万4702人と世界で一番多くなり、死亡した人は2860人(アメリカ合衆国政府発表)となっている。 

 こうした状況のなか、3月19日にはアメリカ全土のゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の工場を一時閉鎖。アメリカの国防生産法に基づき、GMやフォード、北米トヨタなどは人工呼吸器や使い捨てマスクなど、医療機器を生産していくという。

 今後の自動車販売にも大きく影響が出ることは必至だ。

中国:新型コロナの影響で過去最大の下落幅

 中国汽車工業協会によると、2月の新車販売台数は前年同月比79.1%減の31万台となった。

 新車販売台数が前年同月を下回るのはこれで20か月連続となったが、今回は新型コロナウイルスにより企業の生産がストップしたこと、部品供給が滞ったことで生産台数も少なく、さらに消費が停滞したことで大幅に販売台数を減らしている。

 日系メーカーではトヨタが前年同月比70.2%減の2万3800台、日産が80.3%減の1万5111台、ホンダが85.1%減の1万1288台、マツダが79.0%減の2430台。さらにスバルと三菱も90%近くマイナスになっている。

 自動車メーカーが多く集まる武漢市で都市封鎖がおこなわれたのは2020年1月23日。依然として続く封鎖は4月8日に解除される予定だが、今後の自動車生産のメドは立っていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します