サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フィアットが現行500シリーズの改良モデルを本国で発表。長寿のエンジンモデルにテコ入れ

ここから本文です
FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)グループのフィアットは1月7日、コンパクトカー「500(チンクエチェント)」シリーズの2021年モデルを本国で発表した。

人気のコンパクトハッチ「500」を始め、クロスオーバーSUVの「500X」、さらに日本未導入のMPV「500L」で構成される500ファミリーは、2007年に500がデビューして以降、アイコニックなデザインを強みに世界中で300万台超のセールスを積み上げてきた。昨年は電動化された新型「500」もお披露目されたが、フィアットは現行モデルにもきめ細かなリファインを実施し、2021年モデルとして発表した。

おすすめのニュース

サイトトップへ