サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ 2030年に100%電動化を目指す新たな電動化戦略を発表

ここから本文です

マツダは2021年6月17日、技術開発の長期ビジョンに基づき2030年に向けた新たな技術と商品の開発方針を発表した。その背景には2020年新たに公表した中期経営計画の見直し、2050年カーボンニュートラル化の実現という課題があり、その課題に応えるのが今回発表された電動化戦略である。

電動化戦略の概要

スバル 特別仕様車「XV2.0e-Lアイサイト スマートエディション」を発表

周知のように、マツダは今後の車種構成を2022年に投入する予定の直列6気筒エンジンを縦置きに搭載するFR駆動のラージ商品群と、Cセグメント以下の4気筒エンジンを横置き搭載するスモール商品群を展開することにしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ