サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セバスチャン・ローブ、ダカールラリー初制覇ならずも「恥じることは何もない」

ここから本文です

 2022年のダカールラリーを総合2位で終えたセバスチャン・ローブ(プロドライブ/BAHRAIN RAID XTREME)は、ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ)を倒すために全力を尽くし、敗れたことについて「恥じることは何もない」と語った。

 ラリー前半の1週間で、マシントラブルやナビゲーションミスにより、アル-アティヤから1時間近く離されたローブだったが、ラリー後半はステージ8での勝利をはじめ、アル-アティヤとの差を詰めていった。

■ダカールラリーを終え、トヨタ豊田社長がコメント「ダカールを走り終えた仲間達、本当にお疲れ様」

 しかし2台のギャップは大きく、ローブは逆転できずに総合2位でラリーを終えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ