サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セバスチャン・ローブ、ダカールラリー初制覇ならずも「恥じることは何もない」

ここから本文です

セバスチャン・ローブ、ダカールラリー初制覇ならずも「恥じることは何もない」

セバスチャン・ローブ、ダカールラリー初制覇ならずも「恥じることは何もない」

 2022年のダカールラリーを総合2位で終えたセバスチャン・ローブ(プロドライブ/BAHRAIN RAID XTREME)は、ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ)を倒すために全力を尽くし、敗れたことについて「恥じることは何もない」と語った。

 ラリー前半の1週間で、マシントラブルやナビゲーションミスにより、アル-アティヤから1時間近く離されたローブだったが、ラリー後半はステージ8での勝利をはじめ、アル-アティヤとの差を詰めていった。

■ダカールラリーを終え、トヨタ豊田社長がコメント「ダカールを走り終えた仲間達、本当にお疲れ様」

 しかし2台のギャップは大きく、ローブは逆転できずに総合2位でラリーを終えた。過去7年で6度、ダカールラリーに挑戦してきたローブの初制覇は、少なくとも来年までお預けとなった。

 ローブは、トヨタのハイラックスT1+と、BRXハンターのパフォーマンスを考えると、アル-アティヤとの差を縮めるために、できることはもうなかったと語り、最終的な結果に不満を持っていないという。

「スタートから遅れたこと、各ステージで大きなギャップがないことを考えると、技術的な問題とナビゲーションのミスで時間をロスした時点で、50分の遅れをとっていたのだから、それ以降は懸命に時間を稼ぐしかなかった」

「それが僕らの仕事だ。それからは素晴らしいラリーができた。ミスをすることなく、常にハードに走り、ナビゲーションも良かった。あちこちで数分の遅れを取り戻したが、ステージで大きなギャップが生じることはないラリーだった」

「上位陣のレベルは高く、タイトで、他の時代よりも多くのクルマがトップグループで戦っている」

「だから、大きなギャップを作るのは難しいし、タイムを上げるのも難しい。でも、ナッサーは完璧なラリーをやってのけた。これ以上はないと思うし、何も恥じることはない」

 ダカールラリー4勝目を飾ったアル-アティヤは、過去2回はX-raid mini勢に対して全力を出さなければならなかったこともあり、コンサバティブなアプローチに切り替えるのが難しかったという。

「初日から大きなギャップを築き、それを最後まで維持することができた」とアル-アティヤは語った。

「2週目は、2番手のセブとの差をコントロールした。強さと集中力が必要だったから、マネジメントは簡単ではなかった。スピードはとても遅かった。いつもはプッシュしている僕にとって、これは簡単なことではなかった」

「ラリー前、スタートの時に、メインターゲットはセブで、ずっと戦い続けることになるだろうと思っていた。でも、僕たちは本当にラッキーで、ダカール1週目からいいタイムが出せたんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します