サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サウジアラビアGP開催に向け、サーキット建設計画が進行中。元F1ドライバーのブルツがレイアウト担当

ここから本文です
 サウジアラビアのF1開催計画が次々と明らかになっている。元F1ドライバーのアレクサンダー・ブルツの設計によるサーキットが、首都リヤド郊外のキディヤに建設される予定だ。

 新しいサーキットはキディヤの大規模エンターテインメントプロジェクトである『サウジ・ビジョン2030』の“目玉”となりそうだ。このプロジェクトはサウジアラビアの経済をインフラやレクリエーション、観光など多数の分野に多様化することで、石油への経済依存を削減することを目指している。

おすすめのニュース

サイトトップへ