サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NSR250RやRVF/RC45などのV型エンジンを搭載したスポーツバイクがトレンドに!【日本バイク100年史 Vol.057】(1993-1994年)<Webアルバム>

ここから本文です

NSR250RやRVF/RC45などのV型エンジンを搭載したスポーツバイクがトレンドに!【日本バイク100年史 Vol.057】(1993-1994年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ホンダNSR250R 1993 年11月
メインスイッチにPGMメモリーカードを世界初採用。公道用カードから競技専用カードに変えるだけで、特性を簡単に変更することが可能となった。その他、エンジンマネージメントシステムがPGM-IVに進化、スイングアームも片持ちのプロアームに変更。スピードメーターも液晶デジタル式に。

【マスク】いま手に入る可能性あり! バイク用品メーカーが作るマスク&代用品

ホンダRVF/RC45 1994 年
RC30の後継となる、スーパーバイクレースのホモロゲーション取得用マシン。RC30からさらに進化を遂げたV4エンジン、贅沢な造りの車体、最新のエアロカウルなどは、全て勝利のためのもので、WSBや全日本選手権、鈴鹿8耐などで無敵の強さを誇った。94年8月~10月の予約制・期間限定生産だった。

スズキ バンディット250リミテッド 1993 年 5月
兄貴分の400同様、FRP製のロケットカウルを装着したモデル。ケースカバーやヘッドなどはバフ仕上げとされ、シートも専用のメッシュ表皮としている。

ヤマハ セロー225W 1993 年 6月
初心者からベテランまでを満足させる、適度なパワーのエンジンとスリムな構成の車体はそのままに、リアブレーキをディスク化し、リザーバー付きリアショックも装備した上級モデル。アンダーブラケットがバフ仕上げのアルミとなり、フロントフォークのスライドメタルも変更された。

ホンダ マグナ750 1993 年7月
VF750セイバー、V45マグナの流れを引き継ぐ輸出モデルのVT750Cの国内市販バージョンとして登場。ドラッガーモデルのはしりとも言える。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
【ニッポンのバイク112年歴史】月刊オートバイの「バックナンバー」はこちら!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します