サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ピックアップトラックとして世界で活躍する三菱 トライトンは、タイから逆輸入された絶滅危惧車だ!

ここから本文です

ピックアップトラックとして世界で活躍する三菱 トライトンは、タイから逆輸入された絶滅危惧車だ!

タイから逆輸入されたトライトン

三菱トライトンは、2006年に日本デビューしたピックアップトラックだった。かつては商用車として人気のあったカテゴリーだが、日本では1BOXカー、軽トラック、ミニバンなどの進化によってか、ピックアップトラック需要が衰退していた中の投入だったので、非常に驚いた。

過去の『絶滅危惧車』シリーズを見てみる

トライトンは、タイにある三菱の現地法人が生産していた。2005年末からヨーロッパへの輸出を皮切りにオーストラリア、中近東、中南米、アジア諸国と世界約140ヵ国で展開される、三菱の世界戦略車として開発された。

乗用車並みの快適な乗り心地と、直接燃料噴射式コモンレールシステムを採用した新開発ディーゼルエンジンによる力強い走りが売りだった。

だが、日本に導入されたのは3.5L V6ガソリンエンジンだった。組み合わせられたトランスミッションは4速ATのみで、ちょっとガッカリしてしまったことを覚えている。

珍しいダブルキャブ仕様のピックアップトラック

トライトンには4枚のドアと2列のシートをもつ「ダブルキャブ」、2枚ドア&1列シートの「シングルキャブ」、そして2枚ドア&1列シートだがシングルよりもややキャビン後部が広い「クラブキャブ」の3つのボディタイプが用意されていた。

ただ、日本導入モデルはダブルキャブ(5人乗り)のみだった。

全長4995mm×全幅1800mm×全高1780mmと日本車“らしからぬ”大きさは、威風堂々としていた。最高出力こそ178psとそこそこな響きだが、最大トルクは30.1kg-mを発揮する実用派。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアはリーフスプリングを採用。イージーセレクト4WDと呼ばれる四輪駆動システムを搭載し、通常は後輪駆動として燃費を稼ぎ、必要に応じて駆動力を前輪に配分するものだった。

最大の特徴であるカーゴベッドは、横幅が1080~1470mm、奥行きが1325mm。ホイールハウスをできる限り小さくすることで、広い床面積を確保している。また、カーゴ内には4ヵ所のカーゴベッドフックが付いており、荷物の固定が可能。

諸外国では“働く車”としての需要が高いピックアップトラックだが、日本でのトライトンは「マリンスポーツやウィンタースポーツなど、アウトドアスポーツを好むお客様」(プレスリリース)へ訴求していたようだ。

日本ではあまり人気がでなかった

そんなトライトンも絶版となってから9年が経過し、そもそも日本での売れ行きはイマイチだった。

後席より広い荷台であるためボンネットトラックと見なされ、法規上は中型車で毎年車検というデメリットもある。

原稿執筆時点( 2020年3月16日)では、カーセンサーnetに掲載されているものはたったの10台。

平均中古車価格は167万7000円だが、安いものは100万円ほどで狙える。トライトンの中古車価格は年式よりも、単純に走行距離に比例しているように見受けられる。

そもそも働く車として設計されているタフな車ゆえに、あまり走行距離にとらわれることなく、安いものをバンバン使い倒すイメージでいかがだろう?

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい!

文/古賀貴司(自動車王国)、写真/三菱絶滅危惧車の三菱 トライトンを見てみる▼検索条件三菱 トライトン(2006年8月~2011年7月生産モデル)×全国

過去の『絶滅危惧車』シリーズを見てみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します