現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【背景にマツダの苦悩?】マツダMX-30のCM 外国人/海外ロケ地をやめたワケ

ここから本文です
【背景にマツダの苦悩?】マツダMX-30のCM 外国人/海外ロケ地をやめたワケ
写真を全て見る(5枚)

マツダMX-30のCM テーマは日本

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

【画像】似ているようで全然違う?【マツダMX-30とCX-30を比較】 全214枚

editor:Taro Ueno(上野太朗)

2019年11月に「日本車のTVコマーシャル、外国人が海外で運転するシーン 理由は? 」という記事を掲載した。

最近は日本車のCMなのに、外国人が海外で運転している映像が増えたからだ。

マツダも同様で、マツダ3、CX-5、CX-30など、いずれも海外と思われるシチュエーションで撮影されていた。それがMX-30のCMでは、日本の建築家や音楽家が起用されている。

記事全文を読む

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

オフピーク時間を活用し充電コスト削減、フォードが商用EV向け「スマート充電バンドル」導入
オフピーク時間を活用し充電コスト削減、フォードが商用EV向け「スマート充電バンドル」導入
レスポンス
「アルファード」サイズの新型「3列シートミニバン」発表! 全長4.9m超え「超シンプルデザイン」がカッコイイ! ながーーい「EQT」がドイツで登場
「アルファード」サイズの新型「3列シートミニバン」発表! 全長4.9m超え「超シンプルデザイン」がカッコイイ! ながーーい「EQT」がドイツで登場
くるまのニュース
【フォミュラEシーズン10】第16戦 英国ロンドン 最終戦でパスカル・ヴェアラインがワールドチャンピオンに輝く
【フォミュラEシーズン10】第16戦 英国ロンドン 最終戦でパスカル・ヴェアラインがワールドチャンピオンに輝く
Auto Prove
アウディ『A5』新型がラインオフ、ドイツ最新工場が追求する「持続可能な生産」
アウディ『A5』新型がラインオフ、ドイツ最新工場が追求する「持続可能な生産」
レスポンス
違いは考え方!? 日本と海外で燃費表記が異なる理由を徹底解説
違いは考え方!? 日本と海外で燃費表記が異なる理由を徹底解説
バイクのニュース
「シフトレバーにレジ袋」はダメ? ゴミ箱代わりが「車の誤操作」の原因に? レジ袋が危険な理由とは
「シフトレバーにレジ袋」はダメ? ゴミ箱代わりが「車の誤操作」の原因に? レジ袋が危険な理由とは
くるまのニュース
前人未到200回目の表彰台ハミルトン、レース終盤フェルスタッペンとの接触は「ゾッとした」
前人未到200回目の表彰台ハミルトン、レース終盤フェルスタッペンとの接触は「ゾッとした」
motorsport.com 日本版
実験枠でも「トップ10ねらえる」スズキ、バイオ由来燃料で『鈴鹿8耐』に挑戦する理由
実験枠でも「トップ10ねらえる」スズキ、バイオ由来燃料で『鈴鹿8耐』に挑戦する理由
レスポンス
トヨタ ヴォクシー(2022/01-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉最新の先進装備を採用した新世代ミニバン
トヨタ ヴォクシー(2022/01-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉最新の先進装備を採用した新世代ミニバン
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「“ヤリス”SUV」発表! めちゃ速い「新ハイブリッド」搭載! オシャグリーン&専用デザインの新「プレミアムE」英に登場
トヨタ新型「“ヤリス”SUV」発表! めちゃ速い「新ハイブリッド」搭載! オシャグリーン&専用デザインの新「プレミアムE」英に登場
くるまのニュース
ステップワゴンを手軽にアウトドア仕様に!  ホンダ正規ディーラーが手がけるキャンパー仕様“ラクネルステップワゴン”
ステップワゴンを手軽にアウトドア仕様に! ホンダ正規ディーラーが手がけるキャンパー仕様“ラクネルステップワゴン”
月刊自家用車WEB
全長約3.7m! スズキの「小さなSUV」何が魅力? 軽より“ちょいデカ”「クロスビー」どんなモデル?
全長約3.7m! スズキの「小さなSUV」何が魅力? 軽より“ちょいデカ”「クロスビー」どんなモデル?
くるまのニュース
F1初優勝ピアストリ、マクラーレンのチームオーダーを語る「正しい選択をしたと思う」
F1初優勝ピアストリ、マクラーレンのチームオーダーを語る「正しい選択をしたと思う」
motorsport.com 日本版
暫定優勝のフェルシュフォーが失格に。トップチェッカーから失格は“今季2度目”/FIA F2第9戦レース1
暫定優勝のフェルシュフォーが失格に。トップチェッカーから失格は“今季2度目”/FIA F2第9戦レース1
AUTOSPORT web
かつては電卓片手に華麗に見積もり作成がディーラーマンの見せ場! 対面商談すら煩わしく感じるイマドキの世の「新たな見せ場」とは
かつては電卓片手に華麗に見積もり作成がディーラーマンの見せ場! 対面商談すら煩わしく感じるイマドキの世の「新たな見せ場」とは
WEB CARTOP
MORIZOやレーシングドライバーとともに徹底的に鍛え上げたレクサスLBXのハイパフォーマンスモデルが登場
MORIZOやレーシングドライバーとともに徹底的に鍛え上げたレクサスLBXのハイパフォーマンスモデルが登場
カー・アンド・ドライバー
ロータスからEVスポーツモデル第2弾登場!ポルシェ タイカンのライバル?「ロータス エメヤ」の全情報!
ロータスからEVスポーツモデル第2弾登場!ポルシェ タイカンのライバル?「ロータス エメヤ」の全情報!
AutoBild Japan
トヨタ新「商用バン」がスゴい! 斬新大口顔×6速MTもアリ!? アルファードとは違う!? 「プロエース」とは? 日本人の反響は?
トヨタ新「商用バン」がスゴい! 斬新大口顔×6速MTもアリ!? アルファードとは違う!? 「プロエース」とは? 日本人の反響は?
くるまのニュース

みんなのコメント

37件
  • いやいや。
    マツダは必死で経費削減してるよ。赤字減らそうと。
    昨年後半からTVCMは殆ど流れなくなった。
    ここ半年くらい殆ど見ないでしょ?
  • 欧州車の様なメーカーが兄弟車と判るような類似デザインをするのはブランドをハッキリさせたい意図があったからだと思うけど、多くの人達はいい意味で新し物好きだから 日本では敢えてブランドデザインの統一をしなかったんだと思う、アメリカや中国で日本メーカーが欧州メーカーを圧倒しているのが、ブランドデザインの統一は必ずしも必要はなく、統一する必要があるのはブランドイメージの方だと証明してるようなものかな、兄弟車がみな同じ系統の顔してたら、かえって分かりにくくなるのかもしれない、ブランドイメージだと堅実のトヨタ、新メカやレースイメージのホンダ、シンメトリカル四駆のスバル 広告の派手な日産、というような感じかな、じゃあマツダは?ってのが問題なのかな?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

159.0272.8万円

中古車を検索
MX-30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

159.0272.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村