サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、11月は世界で最大15万台の減産 9、10月からは回復 「アクア」「ヤリスクロス」に影響

ここから本文です
 トヨタ自動車は15日、11月に当初計画と比べ最大で約15万台を減産すると発表した。国内で約5万台、海外で約5万~約10万台を見込む。ただ、当初計画比の減産台数は9月(世界で約36万台)、10月(約33万台)から縮小しつつある。また、両月の減産幅が公表時から10万~15万台縮小できるとし、通期で約900万台レベルの生産台数を維持する。

 11月は当初、これまでの挽回生産分を織り込み、月間100万台水準の生産を計画していた。しかし、部品不足の影響が残るため計画を修正する。国内では全14工場28ライン中、4工場6ラインをそれぞれ1~5日間止める。

おすすめのニュース

サイトトップへ