現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力

ここから本文です
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
写真を全て見る(2枚)

■サンゴ礁からヒントを得た「バイオニックバッテリークーリングプレート」

 クルマに関する最新技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」が、2024年5月22日~24日、横浜市のパシフィコ横浜で開催されました。世界中のクルマの最新技術が集結する会場で見つけた「マーレ」の注目すべき、最新技術を紹介します。

雪道は4WD車じゃないと走れない? FFとFRで雪道が得意なのはどっち?

「マーレ」は、ドイツを本拠地とする自動車部品メーカーです。

記事全文を読む

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

EV用充電器を潮風から守れ! 耐塩害ボックス付き充電器をアウディジャパンがまさかの自社開発
EV用充電器を潮風から守れ! 耐塩害ボックス付き充電器をアウディジャパンがまさかの自社開発
THE EV TIMES
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
くるまのニュース
ホンダが新型「SUV」まもなく発売! 人気モデルが1年半ぶりに復活! 画期的すぎる新型「CR-V」何がスゴい?
ホンダが新型「SUV」まもなく発売! 人気モデルが1年半ぶりに復活! 画期的すぎる新型「CR-V」何がスゴい?
くるまのニュース
まじ? ブレーキダストやタイヤまで環境規制の対象に! 欧州排ガス規制「EURO7」が日本車に与える影響とは
まじ? ブレーキダストやタイヤまで環境規制の対象に! 欧州排ガス規制「EURO7」が日本車に与える影響とは
くるまのニュース
スズキが“新たな”「技術戦略」公開! “10年先” 見据えた画期的「計画」とは
スズキが“新たな”「技術戦略」公開! “10年先” 見据えた画期的「計画」とは
くるまのニュース
ベルエナジーが最新EV充電技術を展示予定…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
ベルエナジーが最新EV充電技術を展示予定…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
レスポンス
ホンダ新型「セダン」登場! 史上最も“パワフル”な「スポーティセダン」! 顔面刷新で“ド迫力顔”になった「シビック」加で生産開始
ホンダ新型「セダン」登場! 史上最も“パワフル”な「スポーティセダン」! 顔面刷新で“ド迫力顔”になった「シビック」加で生産開始
くるまのニュース
トヨタ新型「ハイエース」まもなく登場!? デビュー20年目「大人気“商用バン”」の進化に期待大!「超静音モデル化」実現か
トヨタ新型「ハイエース」まもなく登場!? デビュー20年目「大人気“商用バン”」の進化に期待大!「超静音モデル化」実現か
くるまのニュース
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
くるまのニュース
ホンダ新型「すごいSUV」登場に大反響! 日本初の"超進化"で悲願の「国内復活」果たす! 夏に発売の「CR-V」中国で実車公開
ホンダ新型「すごいSUV」登場に大反響! 日本初の"超進化"で悲願の「国内復活」果たす! 夏に発売の「CR-V」中国で実車公開
くるまのニュース
60万円! “めちゃ細”ボディの「新型車」登場! 鮮烈レッドの「豪華内装」採用した斬新「新型コンパクトカー」が凄い!
60万円! “めちゃ細”ボディの「新型車」登場! 鮮烈レッドの「豪華内装」採用した斬新「新型コンパクトカー」が凄い!
くるまのニュース
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
くるまのニュース
トヨタ新型「4人乗りアルファード」公開へ! 斬新「後ろ向きシート」×専用“2トーン”がスゴい! めちゃ画期的な「スギ内装」を名古屋で披露
トヨタ新型「4人乗りアルファード」公開へ! 斬新「後ろ向きシート」×専用“2トーン”がスゴい! めちゃ画期的な「スギ内装」を名古屋で披露
くるまのニュース
アンダー400万円! ホンダ新型「V8搭載モデル」がスゴい! 5.0Lエンジン×全高2m超え“精悍シルバー”がカッコイイ! 新たな「フラッグシップマシン」の「BF350」とは
アンダー400万円! ホンダ新型「V8搭載モデル」がスゴい! 5.0Lエンジン×全高2m超え“精悍シルバー”がカッコイイ! 新たな「フラッグシップマシン」の「BF350」とは
くるまのニュース
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
くるまのニュース
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
レスポンス
アイス性能が大きく進化! トーヨータイヤからサステナブル素材採用のスタッドレスタイヤ「OBSERVE GIZ3」8月発売
アイス性能が大きく進化! トーヨータイヤからサステナブル素材採用のスタッドレスタイヤ「OBSERVE GIZ3」8月発売
くるまのニュース
ミシュラン、複合材料を開発中と発表「レースは重要な実験場」
ミシュラン、複合材料を開発中と発表「レースは重要な実験場」
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • tak********
    EVなどの充電は、ワイヤレスやそれと同じ手間の方法にしないと普及しないと思う。
    いちいちケーブルを繋げるのは大変。
    ただ、ワイヤレスだと充電効率が悪いので、車止めから棒が伸びて、車側からも棒などが伸びて、その両方が接続するなどの方式になると思う。特に自宅にその設備があれば、駐車している間はずっと充電できるので電欠の心配がかなりなくなるし、外で充電するのは遠出の時だけでよくなる。
    やはり、外の充電スポットを増やすのは難しいし、そこでしか充電できない状況というのは(スポットが少なく、災害時に車が使えないので)難しい。
  • 葛葉恭次
    『進撃の巨人』ですか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.089.9万円

中古車を検索
Kの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.089.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村