サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】何度もチェッカーが出たことを確認した…優勝した17号車KEIHIN NSX-GTの塚越広大、“不安”と戦いながらのトップ快走

ここから本文です

 富士スピードウェイで行なわれた2020スーパーGT第2戦富士。GT500クラスで今季初優勝を飾った#17 KEIHIN NSX-GTの塚越広大とベルトラン・バケットだが、決して楽な展開ではなかったとレースを振り返った。

 予選で2番手につけた17号車はスタートスティントを務めたバケットが序盤から#8 ARTA NSX-GTを積極的に追いかけ15周目にオーバーテイクに成功。トップに浮上してからは、他を寄せ付けない力強い走りをみせたバケットだが、決して簡単なレース展開ではなかったと語った。

■SGT第2戦富士 GT500決勝|ホンダ勢がリベンジ果たす! 17号車が独走勝利

「(優勝することができて)最高の気分だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ