サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビサが2020年型アルファロメオF1のシート合わせ「早くこのマシンで走りたい」

ここから本文です
 アルファロメオ・レーシングの2020年リザーブドライバーに就任したロバート・クビサが、ファクトリーを訪れ、そこからファンに対してメッセージを発信した。

 2019年、ウイリアムズと契約してF1に復帰したクビサだが、1年で同チームを離れることとなった。クビサはレギュラーシートを失ったものの、2020年に向けてアルファロメオとリザーブドライバー契約を結んだ。クビサがアンバサダーを務める、ポーランドの石油会社PKNオーレンが、2020年から複数年にわたりチームの共同タイトルスポンサーになることも決まっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ