サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最新の可搬式オービス「LSM-310」は2分割で運搬が断然便利になった

ここから本文です

可搬式オービスはLSM-300からLSM-310へ

すでにあちこちでさんざん書いてきたとおり、東京航空計器(TKK)の可搬式オービスLSM-300はどうやら使い物にならないようだ。そう推認せざるををない理由がいくつもある。TKKは1976年以来、ループコイル式オービスの老舗だ。急ごしらえというべきスキャンレーザー方式(以下、レーザー式)が失敗だったのか。2020年になってショッキングなことが次々とあり、警察庁はもうLSM-300に見切りをつけたかに思われた。

ついにキタ!自転車の取り締まりに違反金制度で「大きな市場」が生まれる

ところが! 警察庁内のTKK推しの一派は引き下がらなかったんだねぇ、LSM-310を発売した。

おすすめのニュース

サイトトップへ