現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プジョー、新型「2008」シリーズの国内導入を発表。価格は419万8000円から

ここから本文です

プジョー、新型「2008」シリーズの国内導入を発表。価格は419万8000円から

掲載
プジョー、新型「2008」シリーズの国内導入を発表。価格は419万8000円から



ステランティスジャパンは、プジョーのBセグメントSUV「2008」に、新世代デザインを採用した新型モデルの導入を発表。全国のプジョー正規ディーラーを通じて発売する。価格は419万8000~445万4000円。

ウォークスルー構造の車内がめちゃ便利! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー

●まとめ:月刊自家用車編集部

新意匠でより個性を極めた、フェイスリフトを実施

今回、導入される新型プジョー2008は、車体をより立体的に見せるグリル処理や、プジョーを象徴するライオンのかぎ爪をイメージした3本のデイタイムライトの採用など、デザイン面で大胆な進化を遂げていることが特徴。

―― LEDを多用する新意匠の採用で、よりスポーティに生まれ変わったエクステリア。低く身構えたクーペライクなフォルムも印象的。バンパー左右のデイライトはライオンの爪がモチーフ。

エクステリアは、LEDを多用したスポーティな印象を持つ新フロント&リヤデザインを採用したほか、新デザインのアルミホイールやシャークフィンアンテナの採用など、より個性的なデザインを実現している。なお、フロントには、プジョーの新たなブランドエンブレムを装着している。

大型タッチスクリーンの採用で、車載ITを強化

インテリアは、10インチの大型タッチスクリーンや、高解像度のパークアシストカメラ、15Wのワイヤレススマートフォンチャージャーを新たに装備。最先端のテクノロジーを感じさせるモダンなキャビンに仕上げている。シートはアルカンターラとテップレザーのハーフレザー仕様となり、フロントシートにはシートヒーターと運転席パワーシートを標準装備している。

―― モダンかつプレミアム感に富んだキャビン。装備類が強化されたことで利便性も大きく向上。前後シートにはアルカンターラ/テップレザーが奢られている。

―― ダッシュ中央には10インチのワイドディスプレイを配置。タッチスクリーンゆえに直感的な操作が可能。

ボディカラーは、新たに、マット感のあるセレニウムグレーと、ボディサイドのシャープなキャラクターラインを引き立てるオケナイトホワイトの2色を追加。従来モデルに設定されていたエリクサーレッド、ヴァーティゴブルー、ぺルラネラブラックと合わせて、合計5色の展開となる。

―― 新意匠アルミホイールは17インチ。

―― 左がセレニウムグレー、右がオケナイトホワイト。2色の新カラーを含めて合計5色から選ぶことができる。

パワートレインは、1.2L直列3気筒ガソリンエンジンと、1.5L直列4気筒ディーゼルエンジンを設定する。

―― モデル名パワートレイン希望小売価格(税込)2008 GT1.2L直列3気筒ガソリンエンジン419万8000円2008 GT BlueHDi1.5L直列4気筒ディーゼルエンジン445万4000円

こんな記事も読まれています

あなたは知ってる? 話題の「ライドシェア」はカーシェアと何が違う? 日本でも盛り上がるビジネスモデルとは
あなたは知ってる? 話題の「ライドシェア」はカーシェアと何が違う? 日本でも盛り上がるビジネスモデルとは
くるまのニュース
これって交通違反?バイク初心者がやりがちな交通違反をピックアップ
これって交通違反?バイク初心者がやりがちな交通違反をピックアップ
バイクのニュース
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2023年11月20日時点
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2023年11月20日時点
カー・アンド・ドライバー
モンスターエナジー、メルセデスからマクラーレンに“鞍替え”。名門F1チームと新たなスポンサーシップ契約を締結
モンスターエナジー、メルセデスからマクラーレンに“鞍替え”。名門F1チームと新たなスポンサーシップ契約を締結
motorsport.com 日本版
『ラ・フェラーリ』後継モデルはV6ハイブリッドの全輪駆動!? コードネーム「F250」の正体は
『ラ・フェラーリ』後継モデルはV6ハイブリッドの全輪駆動!? コードネーム「F250」の正体は
レスポンス
ダイハツ新型「“斬新”軽バン」に「車中泊してみたい」の声! もしや次期「アトレー」!? めちゃカッコいい軽商用車の「現実味」に期待大!
ダイハツ新型「“斬新”軽バン」に「車中泊してみたい」の声! もしや次期「アトレー」!? めちゃカッコいい軽商用車の「現実味」に期待大!
くるまのニュース
昔はセルが壊れてもバッテリーが上がっても「押せ」ば解決! いまや絶滅したテク「押しがけ」って何?
昔はセルが壊れてもバッテリーが上がっても「押せ」ば解決! いまや絶滅したテク「押しがけ」って何?
WEB CARTOP
850馬力で最高速350km/hのオープン、パガーニがハイパーカー『イモラ』発表…8台限り
850馬力で最高速350km/hのオープン、パガーニがハイパーカー『イモラ』発表…8台限り
レスポンス
【新型ハイパーカー】8台だけのエクストリームでエクストリームな「Pagani Imola Roadster(パガーニ イモラ ロードスター)」登場!
【新型ハイパーカー】8台だけのエクストリームでエクストリームな「Pagani Imola Roadster(パガーニ イモラ ロードスター)」登場!
AutoBild Japan
苦しい1年を過ごしたハミルトン、早くも来季のレッドブル警戒「だって彼らは8月からアップデートしていないんだ」
苦しい1年を過ごしたハミルトン、早くも来季のレッドブル警戒「だって彼らは8月からアップデートしていないんだ」
motorsport.com 日本版
新色イエローは街にも野山にも映える! ホンダ「CT125・ハンターカブ」の2024年モデルで外遊びがもっと楽しくなる
新色イエローは街にも野山にも映える! ホンダ「CT125・ハンターカブ」の2024年モデルで外遊びがもっと楽しくなる
VAGUE
過酷で知られた「タクシー運転手」と「新車ディーラーマン」の仕事に変化! ブラック感がすっかり息を潜めたワケ
過酷で知られた「タクシー運転手」と「新車ディーラーマン」の仕事に変化! ブラック感がすっかり息を潜めたワケ
WEB CARTOP
日産が新型「リーフ」を予告! 3代目は「クーペSUV」になる? 斬新デザイン採用で数年以内に発表か
日産が新型「リーフ」を予告! 3代目は「クーペSUV」になる? 斬新デザイン採用で数年以内に発表か
くるまのニュース
新品 vs リビルド vs オーバーホール、比べたらどれが一番おトク?~カスタムHOW TO~
新品 vs リビルド vs オーバーホール、比べたらどれが一番おトク?~カスタムHOW TO~
レスポンス
ランボルギーニ ウラカン【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ランボルギーニ ウラカン【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
新登場ホンダN-BOX、首位をがっちり獲得!(SUV除く軽自動車販売TOP15・2023年10月)
新登場ホンダN-BOX、首位をがっちり獲得!(SUV除く軽自動車販売TOP15・2023年10月)
カー・アンド・ドライバー
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 唯一無二な「シビック」とは
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 唯一無二な「シビック」とは
くるまのニュース
フィアット新型「トポリーノ」に“ミッキーマウス”仕様が登場 なぜフィアットとディズニーがコラボ? その深い理由とは
フィアット新型「トポリーノ」に“ミッキーマウス”仕様が登場 なぜフィアットとディズニーがコラボ? その深い理由とは
VAGUE

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

419.8445.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.8268.0万円

中古車を検索
2008の買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

419.8445.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.8268.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村