サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車公取協、中古二輪車の表示ルール変更 おとり広告防止へ一手

ここから本文です
 自動車公正取引協議会(神子柴寿昭会長)は、中古バイクの広告に車体番号の下3桁以上の表示を義務付ける改正ルールを2020年1月1日から施行すると発表した。中古バイクのおとり広告を未然に防ぐことが狙い。二輪車の新車ランキングの表示についても一部ルールを緩和する。

 二輪車の公正競争規約と同規則を改正するもの。6月の総会で承認を得て、消費者庁と公正取引委員会への認定、承認手続きを進めていた。中古バイクの広告に車体番号の表示を義務付けることで、実際には存在しない商品を掲載し、集客を図る行為を防止する。四輪中古車はすでに車体番号下3桁の表示を義務付けている。

おすすめのニュース

サイトトップへ